「ルポ 貧困女子」について

テーマ:ブログ

こんにちは雪

今日は、ko-taro-お休みで助かりました。スマイル(男の子)

ko-taro-の地区は、5センチほど雪が積もりました。スノーマン2

こういう日は、家でのんびりと、こうやって「ブログ」書いたり…

買いだめした本を読んだりして過ごしたいとおもいます。本

 

今回の本は、「ルポ 貧困女子」 飯島 裕子 著 岩波新書です本

『貧困』を、女性に焦点をあてて書かれています。

女性のほうが、男性に比べて『貧困』に陥っていることがみえにくいと、この本は書いていますが…。

まさに、そうだと思いました。

「考え方が甘い」とか、「自己責任」という言葉で、この問題を片づけてしまえば、それまでですが。

そればかりでは、すまない現実がそこには存在します。

この本に出てくる女性たちは、精神的にも経済的にも社会とのつながりという面でも、

かなり追いつめらています。

それから、『貧困』というと、経済的側面で捉えがちですが、そればかりが『貧困』ではないことが

この本をよんでわかりました。

 

ko-taro-は、今の自分と比較しながら読みました。

いつ、自分も「貧困」に陥ってもおかしくない…。

そういう思いが強くなりました。

 

 

 

コメント

  1. 2017/02/11 13:32
    こんにちは!

     『貧困』意味深い言葉ですネ!
    金銭的な問題が一番大きな要因なんでしょうが、今の世の中はいつ・誰しもが陥る可能性があるのではないでしょうか!
    難しい世の中になってしまいました!
    2017/02/12 21:30
    こんばんは
    コメントありがとうございます。

    表面に出てこない「貧困」があるんです。
    はたから見ると、普通に生活しているようにしか見えない…。
    この本は、そういう意味で勉強になりました。
    読んでいて、いつも以上に本の世界に入り込みました。

  2. 2017/02/11 23:09
    こんばんは。

    5センチですか!
    同じ豊田市でも随分積もったんですね!
    お休みで良かったですねェ(^_-)-☆

    貧困問題は国の対策が重要だと思っています。
    信用できる国ならば税金が高くても福祉を任せられるんだと、北欧の国との違いを痛切に感じていますが・・・
    そろそろ本腰を入れて考える時期かと・・・
    遅いぐらいですよね((+_+))
    2017/02/12 21:37
    こんばんは
    コメントありがとうございます。

    そうなんです。
    ko-taro-の地区は、雪国です。(@_@;)

    貧困・格差は、チロリンムラさんのおっしゃる通り、本腰を入れて考えるべきだと思います。
    社会福祉政策をもっと充実させるべきだと思います。
    この本を読んでいたら、本当に、いつ自分が「貧困」になってもおかしくないと思いました。

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/008/trackback/62173

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/08      >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ブログランキング

総合ランキング
7位 / 492人中 up
ジャンルランキング
4位 / 243人中 keep
日記・blog

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

ko-taro-

コータローです。
趣味は、今まで特になかったのですが最近は読書にはまってます。

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧