「思考の整理学」について

テーマ:ブログ

こんばんはくもり

急に春めいてきましたが…。花

早咲きの桜は咲いているそうで…。

過ごしやすくなってきたことは、いいことです。(^-^)

 

今回の本は、「思考の整理学」 外山 滋比古 著 ちくま文庫です本

以前、NHKかなぁ?

テレビで紹介していたのを見たような気がしていますが…。

定かではありません。

あと、本屋さんへ行くと、大体の本屋さんが平積みしているので…。

つい、買ってしまいました。

 

読んでみると…。

エッセイです。

ちょっと、小難しく書かれた…。

小難しく書かれていますが、真剣に読むと意外と「面白い」…。

大げさかもしれませんが、

自分の人生で、今まで足らなかったものは、何かクエッションマーク

わかった気がします。

今から頑張っても、間に合うだろうか…クエッションマーク

この本に書かれていることを、実践してみたくなりました。

コメント

  1. 2017/03/21 12:05
    こんにちは!

     昔から本を読め、本を読めと口煩く言われましたが、本は自分が経験していなくても知識として入って来るので、自分が広くなりますネ!

    そして感じる事はそれぞれ違うと思いますが、その木になったらGO!です。
    人生、いつからでも遅い事はありません。
    始めた時が初めの一歩のスタートなんですから・・・(^.^)/~~~
    2017/03/22 20:34
    こんばんは

    読んでいて、自分の考えの整理の仕方が
    いかに雑だったか…。
    ということがわかりました。
    こういうことは、学校では教えてくれません。
    中学生までに、出あっていたら本当に人生が変わったかも…。
    できそうなことからやってみたいとおもいました。

  2. 2017/03/22 18:36
    こんばんは。

    ko-taro-さんが生き方を変えたくなる本と聞いてAmazonの本の紹介を読んでみましたョ(^^)/
    わ~!
    京大や東大生の課題になるような本らしいですが1度は目を通してみますね(^^;
    途中でめげたらスイマセン。
    2017/03/22 20:45
    こんばんは

    そんな、途中でめげたとしても…。
    ko-taro-は、責めませんョ…(^-^)。
    何を書いているか…?わからない感想を読んでいただいて、
    気にとめてくれるだけで嬉しいです。
    大学生が卒論を書くときの心構えとしては、バイブル的な本だと思います。
    日本の学校教育は、「グライダー」だと、著者はいっていますが、
    本当にその通りだと…。
    その教育を受けてきたko-taro-、いまさらながら「やり直してみよう」と思ったしだいです。<(_ _)>

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/008/trackback/62545

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/10      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

総合ランキング
8位 / 492人中 keep
ジャンルランキング
4位 / 243人中 keep
日記・blog

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

ko-taro-

コータローです。
趣味は、今まで特になかったのですが最近は読書にはまってます。

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧