「カラスの教科書」について

テーマ:ブログ

おはようございます。雨

今朝は、雨が降っていて、小鳥の鳴き声・カラスの鳴き声も聞こえませんでした。

こういう日は、どこかに隠れているのでしょうか…クエッションマーク

 

今回の本は、「カラスの教科書」 松原 始 著 講談社文庫です。本

以前、この著者が書いた「カラス屋の双眼鏡」を読んで、面白かったので

もっと読んでみたくなって探しました。

 

黒くて、うるさくて、嫌われ者のカラスですが…。

読んでいくと、カラスの意外な生態がわかって…。

この本の帯にも書いてありますが、「イメージが変わります」ビックリマーク

カラスのスケッチは、著者が描いていて、イラストは植木さんという人が描いています。

この、イラストもかわいらしいです。スマイル(男の子)

カラスのQ&Aをマスターできれば、ちょっとした巷のカラス博士気分に浸れますョ。ニコニコ(男の子)

 

著者のカラスへの思いが…、

カラスの「面白さ、かわいさ」を力説する姿が、目に浮かんでくるようです。

 

コメント

  1. 2017/09/12 10:31
    おはようございます。

     前回は『カラス屋の双眼鏡』の紹介、ありがとうございました。
    興味深く読ませて貰えました。

    今回の『カラスの教科書』、一体どんな内容だろうと興味津々です。
    2017/09/13 23:15
    こんばんは
    コメントありがとうございます。

    カラスの教科書?
    カラスの強化書?
    カラスの狂歌書?
    これ、著者の受け売りです。
    ko-taro-は、カラスの狂歌書のつもりで読みました。(^-^)
    カラスは、大声で鳴かなければ…。
    家族の一員として…?(でも、やっぱり無理かな?)
    読んでいたら、そういう感覚が湧いてきました。

  2. 2017/09/12 11:11
    おはようございます。

    面白い本だなあと思い
    視覚障害者図書館「サピエ」で
    検索しましたら音訳本が
    ありましたので、早速データを
    アイパッドに入れて聞いています。
    カラスの物知り博士になれるかも。
    2017/09/13 23:27
    こんばんは
    コメントありがとうございます。
    この本の最後のところは、覚えて知り合いに自慢したくなります…。

    ko-taro-は、自慢したい気持ちをグッとこらえて、
    この本を、いろいろな人たちに読んでもらいたいです。(^-^)

  3. 2017/09/13 23:02
    こんばんは。

    今日図書館でカラス屋の双眼鏡を借りてきました✌
    これからお風呂に入ってから読もうと思っています(^_-)-☆
    睡魔に勝てるか心配ですが・・・( *´艸`)
    2017/09/13 23:33
    こんばんは
    コメントありがとうございます。
    「カラス屋の双眼鏡」は、好みのところから…。
    読んでみてください。
    う~ん、読まなくても、著者の書いたスケッチだけでも見てください。
    バードウォッチャ―のチロリンムラさんなら、
    カラス屋の著者の気持ちが、きっとわかってもらえると思います

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/008/trackback/63981

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/09      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

総合ランキング
12位 / 492人中 keep
ジャンルランキング
7位 / 243人中 keep
日記・blog

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

ko-taro-

コータローです。
趣味は、今まで特になかったのですが最近は読書にはまってます。

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧