1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

アクティブシニアの日

テーマ:ブログ

今日は、

「アクティブシニア」の日。

というらしいが、

初めて聞いた新語だ。

シニア世代をより元気で

アクティブ(活動的)に

することを目的に、

シニアを応援するサイトを

運営する会社が制定し、

日本記念日協会に認定されたという。

日付は4と28で

「シニア」と読む

語呂合わせから。

でも、このシニア人材を

企業に紹介する

民間会社の担当者の話では

再就職が難しいという。

「態度が横柄だ」

「パソコンのソフトが

使えない」

こんな言葉が企業側から

あるようだ。

高学歴や、役職経験者は

採用側にとっては、

魅力のある人材とは

思わないだろう。

わかる気がする。

 

シニア

宅配便

テーマ:ブログ

今朝の新聞で

宅配便最大手のヤマト運輸は、

通信販売会社との

配送契約の一部を

打ち切る方針を

固めたとほうじている。

違法な長時間労働が

常態化する

宅配ドライバーの

負担を軽減するためには、

法人客との取引を

打ち切ってでも、

扱う荷物量を

減らす必要があると

判断したという。

この動きは、他の宅配業者にも

連動するだろう。

荷物量急増と

人手不足は

業界共通の課題である。

運賃の値上げ分が、

通販の送料などに転嫁され、

通販の利用者の

負担が増す可能性がある。

結果的に消費者に

しわよせがくるという計算だ。

 

運送

将棋のアプリ

テーマ:ブログ

史上最年少で

将棋のプロ棋士となった

中学3年生の

藤井聡太四段の活躍などで

若い世代の間でも

将棋への関心が高まる中、

AI「人工知能」を活用した

将棋のアプリが

人気を集めているという。

この将棋のアプリは、

登録した人どうしで

将棋の対局ができ、

10代から30代を中心に

350万人以上が

アプリをダウンロードして

登録しているという。

スマホで将棋を楽しむ時代なのか。

将棋ブームがくるかも。

 

将棋

 

 

アプリ

まちクルブログ

テーマ:ブログ

「まちクルブログ」が

10月で閉じるという。

ちょっと寂しい気がします。

まだ、半年ありますので

日常のできごとを

 書いていきたいと思っています。

 

ブログ

またまた快挙 中学生プロ棋士

テーマ:ブログ

今朝のNHKでも

報道されていたが、

またまた、中学生プロ棋士の

藤井四段が快挙を成し遂げた。

昨夜、インターネットテレビ

「Abema TV」で

配信された対局で、

非公式戦ながら、

トップ棋士の羽生善治三冠を

破ったのだ。

昨年10月にプロ棋士として

デビュー以来、13連勝と

勝ち続けている。

ネットテレビ「Abema TV」の

番組が企画した非公式戦で、

将棋界でただ1人、

七冠独占を成し遂げたことのある

羽生善治三冠に

初めて挑み、

勝ったのだからすごい。

愛知県瀬戸市から

すごいプロ棋士が

誕生したものだ。

 

将棋

☆内閣官房 国民保護ポータルサイト☆

テーマ:ブログ

21日、NHKの報道で

こんなニュースが報じられた。


政府は21日、

弾道ミサイル攻撃を受けた際の

避難方法を国民に周知するため、

内閣官房のホームページに

その内容を掲載した。

同日には

都道府県の危機管理担当者を集めて

説明会も開催された。

この中で、内閣官房の担当者は、

ミサイル落下時の対応策を

「国民保護ポータルサイト」に

掲載したと説明。

早速、ポータルサイトを

閲覧してみた。

今回掲載された

「弾道ミサイル落下時の
行動について」では、

着弾の可能性がある場合、

頑丈な建物や地下街に避難し、

建物がない場所では

物陰に隠れて地面に伏せるよう要請。

屋内にいる時は、

窓から離れることを求めている。

間違った解釈やメディアの伝え方にも

十分配慮してもらいたいものだ。

参考のため、

サイトのURLを貼り付けました。


☆内閣官房 国民保護ポータルサイト☆

http://www.kokuminhogo.go.jp/pc-index.html

 

 

アラート

 

 

世界が認めた普通でない国 日本

テーマ:ブログ

タイトル 世界が認めた
    「普通でない国」日本

著者名 マーティン・ファクラー[著]

祥伝社 2016年12月

上記の本を読んだ。

著者は、前ニューヨークタイムズの

東京支局長である。

著者は、本の中でこのように

著している。

日本は「普通の国」になるべきだ、

という議論がある。

普通の国とは、

他国のように軍隊を持ち、

国際舞台で

責任ある行動をする国のことである。

 しかし、太平洋戦争終結から71年、

「普通でない国」だということが、

逆に日本の強みになっている。

戦後、平和国家を維持し続けてきたことは

世界から評価されている。

 経済や文化においても、

日本は世界の大国と同じではなく、

独自の進化を遂げており、

数々のアイデアを持った

起業家やすばらしい文化を

生み出してきたと著しているが。

メディアに対しては、

本当のことを伝えているかと

疑問を投げかけている。

日本を取り巻く厳しい環境の中、

ちょっと考えさせられた本でした。

 

本

 

花

世界で最も影響力のある100人

テーマ:ブログ

アメリカの

週刊誌「タイム」は、

ことしの

「世界で最も影響力のある100人」を

発表し、

日本からは

東京都の小池知事が選ばれた

「タイム」誌は毎年、

政治家や芸術家などから

「世界で最も影響力のある100人」を

選んでいる。

「ことしの100人」は

、20日に発表し、

日本からは

東京都の小池知事を

「先駆者」部門で選んだ。

 

タイム

アプリの進化

テーマ:ブログ

外国語を翻訳する

スマホやタブレットのアプリは、

日本語への対応が難しいとされて、

遅れていたが、

AI(人工知能)の

活用で技術が急速に進化し、

IT大手各社が相次いで対応を

進めている。

私は、グーグルの翻訳アプリを

理容している。

日本語で話すと画面に

文字が表示される。

予め設定した翻訳したい言語ボタンを

タップすると、

翻訳された言語が表示され、

発音される。

発音は流暢だ。

また、こんなアプリも理容している。

カメラで撮影した文字を

瞬時に翻訳できるアプリだ。

最近、日本語に対応した

たとえば、英語の書類を

カメラで撮影したものが

瞬時に日本語に翻訳され

画面表示され、

日本語と英語で読んでくれる。

視覚障害者の中には、

1000円札や10000円札などの

紙幣をカメラで撮り読んでもらうアプリや

洋服をカメラで撮り

どんな洋服なのか、色は?など

日本語で話してくれる

アプリもあり、

視覚障害者は理容している。

このようなことが

できるのは、
コンピューターがみずから

学習を深めていく

ディープラーニングと

呼ばれる技術など、

AIを取り入れたことで

アプリの精度が

急速に進化しているためだろう。

これからも、アプリの進化に

目が離せない。

 

 

文字

レゴランド

テーマ:ブログ

4月1日、名古屋市に

オープンしたテーマパーク

「レゴランド」について、

週刊文春4月20日号で

入園料や飲食費が高すぎると、

掲載されている。

入園料について、

大人6900円、

ターゲット層となる

3歳から12歳の子供は、

5300円だ。

飲食物の持ち込みは

禁止されており、

ペットボトルや水筒も

NGとなっているようだ。

いろんな点で比較されるのは、

東京ディズニーリゾートや

大阪のユニバーサル スタジオである。

一度は足を運ぶお客が、リピーターとして、

来訪してくれるのかが勝負だ。

テーマパークのなかった名古屋だが

観光施設のメインゾーンとして

成長してほしい。

 

 

レゴランド

1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

おじいさん

グランパ

気ままに音声パソコンで

書いています。

このブログの読者