1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

最後のブログ

テーマ:ブログ

いよいよ、この『~風~』ブログも

画像フォルダがいっぱいになりました。

ブログを始めて3年と5ケ月、

日々の自分の生活にハリができ、

皆さまからの情報に何らかの知識を得、

私の後半の人生の糧としてきました。

皆さまには私の拙い記事をご愛読いただき、

また、皆さまからの多々の足あとや

コメントも戴き、ありがとうございました。

さて、この5月に行った、『会津』編ですが、

今回で最後、

私の『~風~』ブログの最終記事

したいと思います。

あ・

会津での3日目、

表磐梯宿泊ホテルの近くの

『土津神社』(はにつじんじゃ)、

土津神社
桜が咲いていました
大河ドラマ『八重の桜』の最後で紹介されました
ここは、会津の初代藩主、保科正之公の墓所
保科正之は徳川3代将軍家光の弟、
調べると興味のある人物でした

あ・

裏磐梯『五色沼』、

gisikinuma
遠方に、残雪の会津磐梯山が見えました

最後は、この野鳥さんです。

飯盛山にいました。(三枚)

tori1

オレンジが綺麗ですが、同じ鳥です。

tori2

こちらは黄色いですが、同じ鳥。

tori3

そして、亀ケ城趾公園にいました。(3枚)

tori4
 ・
胸元がオレンジ色で綺麗ですね

 

後ろ姿も見せてくれました。

tori5

以上、

会津で見た『キビタキ』さんでした。

kibitaki

あ・

・・

近々、新しいブログを立ち上げようと思いますが、

この機会に日頃やろうとして出来なかった

私の趣味の『コットン手芸』『和布手芸』等、

少し手掛けてみたいと思います。

コツコツなので時間がかかると思いますが、

できあがったら、差し支えないものは

またアップしてみたいと思います。

あ・

・・

最後に、

『まちクルブログのひまわりネットワーク』様、

そして、

私の拙いブログを見て下さった『読者』の皆様。

心よりお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

近々、またお会いしますね!!

・・

『青空の会津若松城』

城
5年前の会津若松城と変なおばはん
/
”またね~!”

/

/

 

喜多方ラーメン

テーマ:ブログ

昨日と今日、テニス合宿と称して蓼科へ。

お天気が悪い予報が出ていましたが、

幸い、雨が降ったのは夕刻から明け方までで、

テニスには全く影響が無く、

どうも、

メンバーの中に『晴れ女』がいたようでした。

今朝の『蓼科の木立の中』で。

木立

ところで、話は以前に戻りますが、

会津に行った際、ラーメンが食べたくて、

『喜多方』へ行きました。

喜多方と言えば、

『喜多方ラーメン』が有名です。

行ってみて初めて知りましたが、

喜多方は『蔵の町』で有名だそうです。

ごく一部しか見ませんでしたが、

こんな『蔵』や、

kura

 

こんな『蔵』が民家にあって、生活に

溶け込んでいました。

kura2

そして、当然のごとく、

『喜多方ラーメン』です。

夫が頼んだのは、

『チャーシューメンとミニチキンソースかつ丼』のセット。

チャーシュー
(セットで1280円だったかな?)
驚きのボリュームでした。

私が注文したのは、

『喜多方ラーメンとミニ牛丼』のセット

ラーメン
(セット価格、750円)
驚きの価格でした。

皆さんだったらどっちを頼むのかな~?

かなりボリュームがあったけど

全部たいらげました。

オソロシヤ・・・・・。

八重の桜ゆかりの地4

テーマ:ブログ

大河ドラマ『八重の桜』ゆかりの地を訪ねて、

会津若松鶴ヶ城を訪れ、飯盛山へ寄り、

武家屋敷、『西郷頼母の屋敷』を訪れました。

『会津武家屋敷』、です。

yasiki
この奥に会津藩の家老職を代々務めた
西郷頼母の屋敷がありました

『西郷邸』は敷地面積2400坪、建築面積280坪、

の豪邸で、格式の高い家柄だったようです。

西郷家

『御成りの間』

御成りの間
藩公や、上級武士を招いた部屋

『使者の間』、

使者の間
お城からの使者が家老と会った部屋

『奥一の間』

奥一の間
家老の寝室として使われ、
奥の夫人と子供は、家老の子が父の寝室で
遊んでいたところを、母が叱っている所だそうです。

このように『西郷邸』は38室もあったそうです。

そんな大家の家老職でも、やんごとない理由で家老職を

解かれたり、蟄居させらりたり、

激動の時代の流れに翻弄され、

会津戊辰戦争では悲劇の家として、

語り継がれたようです。

『自刃の間』

自刃
戊辰戦争で、西軍が会津城下に侵入した際、
西郷家の人々は『とらわれて、藩や殿さまに対して
足手まといになるまい』として、一族21人全員が
自決をしたと言う

大木に白い花が咲いていました。

taiboku

この花は・・・?

花
この美しい花、リンゴの花でもないようだし、
梨の花に似ているけど葉っぱが違うようだし、
何の花でしょうね??

西郷頼母は生きのびて、函館戦争にも参加して、

維新後も、塾の塾長になったり、

神社の宮司さんを務めたりして、

やがて、主君の松平容保公が日光東照宮の

宮司の時、再会する・・・。

そして、頼母も日光東照宮の禰宜を務め、

最後は会津に帰り、

74歳で波乱の人生を終えたそうです。

この武家屋敷、西郷邸で私のブログ『~風~』を

サイゴにしようかと思いましたが、

最後だと思うと何だか名残惜しいので

もうちょっと、いきます。

もうちょっとだけ、お付き合いくださいね。

 

八重の桜ゆかりの地3

テーマ:ブログ

会津若松城の近くに飯盛山と武家屋敷がありました。

飯盛山はあの白虎隊が自刃し果てた場所です。

お墓と白虎隊記念館があるのですが、

会津に行ったら寄ってみたい所でした。

と言う訳で、寄ってみました。

麓はお土産やさんが並んでいました。

飯盛山

山なので登らなければ行けません。

誰でも行けるように、『動く坂道』までありました。

動く坂道

が、我が夫はそんな便利なものは使わせてはくれません。

もちろん自分の足で歩いて登ります。

途中、『白虎隊記念館』の前にあった白虎隊士の像、

隊士

また、白虎隊とは関係ないようですが、

国指定重要文化財の珍しい建物がありました。

登り

『さざえ堂』、

登りスロープと下りスロープが、

お互い行き合わない螺旋状になっていて、

珍しい建物だそうです。江戸時代には多くの人が

信仰の御参りに参じたそうです。

さざえ

ああ

この男子が振りかざして見ている方角に

鶴ヶ城があるそうです。

見下ろす

白虎隊士が自刃したと言う場所から

会津の城下を見降ろします。

城下町
矢印の場所に鶴ヶ城があります。この地から、
ご城下を見下ろしてお城が炎上していると思い込み
ここで自刃する結論をだしたそうです

若い命が一挙に失われた悲劇の場所でした。

こんな『碑』がありました。

tyouka

会津藩主『松平容保公』が白虎隊士の

報に詠んだ弔歌

 幾人の涙は石にそそぐとも

 その名は世々に朽しとぞ思う

飯盛山がつい長くなってしまったので

武家屋敷西郷頼母の屋敷は次回にします。

八重の桜ゆかりの地2

テーマ:ブログ

5月6日~8日に会津に行ってきました。

6日の11時頃にお城に着いて、

鶴ヶ城天守閣と、茶室麟閣(りんかく)御薬園

共通券を買いました。

さて、天守閣の次はお茶室『麟閣』

茶室

ああ

麟閣』は千利休の子、少庵ゆかりのお茶室です。

緋
ここでは写真だけ

お抹茶はこちらで戴きました。

立て出し

麟閣内から見た会津若松城

閣より
鶴ヶ城はどこから見ても素晴らしい!

さて、『鶴ヶ城』、『麟閣』、を見たのでセット券の

三番目、『御薬園』へ行きたいと思いきや、

どうも城外にあるらしく、もらった地図を頼りに

歩いたら、なんと遠いこと。

着いたと思ったらそこには無料駐車場がありました。

こんなことなら、車で移動したのにと、ショックでした。

その『御薬園』です。

御薬園

御薬園は名前のとおり、薬草が植えてあります。

また、会津松平氏の庭園でもあります。

庭園

 ああ

ああ

出島のようなお茶室『楽寿亭』

向こうは御茶屋御殿

庭園2

ミズバショウ

ヤマブキ

御薬園からお城の駐車場まで

しっかり歩いてかえり、

その後会津駅前のホテルへ・・・。

朝0時半から車に乗り大移動して

お城や御茶室、庭園などを見て

メチャ歩きまわり、しっかりとお疲れの

一日でした。

次回は、飯盛山と西郷頼母武家屋敷

を予定しています。

八重の桜ゆかりの地

テーマ:ブログ

先日、5月6日~8日に

NHK大河ドラマ『八重の桜』ゆかりの地、

会津に行ってきました。

私のブログ、『~風~』も

画像フォルダ容量が98.5パーセントになりました。

この『会津』で、終わりになると思います。

では、私の見た『会津若松鶴ヶ城』を。

歴史云々は私が言うのはおこがましいので抜き!

お堀と八重の桜。

掘
八重桜があでやかに咲いていました

『廊下橋と天守』

門

NHK大河ドラマ『八重の桜』イベント真っ最中!

ドラマ

本丸より天守

城1

石垣は時代によって異なるそうですが、

天守の石垣は『野面積み』。

野面

やっぱりいいね、『八重の桜と天守閣』

八重

では、天守より、

『走長屋』と、真ん中が『鉄門』、奥が『干飯櫓』

天守より

同じく、天守より。

瓦

何か、お気づきですか?

瓦が何となく赤いですね。

松平容保時代に赤瓦にふき替えられたそうで、

(すみません、ちょっと訂正です。

会津松平藩の藩祖、保科正之公時代に赤瓦に

吹き替えられたという記録があるそうです。)

2011年に黒瓦から『赤瓦』にリニューアルされたそうです。

赤瓦の天守と、藤棚の藤(まだ蕾でした)。

藤

ああ

走長屋と天守。

天守

では、以前の『黒瓦』の会津若松城は、

城
5年前ですが、大河ドラマ『天地人』の前年、
上杉120万石ゆかりの地で訪れました

『赤瓦と黒瓦』、雰囲気が違いますね。

赤瓦の幕末の会津若松城の落城の際、

八重さんはどんな気持ちだったのでしょうね?

・・

             次回へ続きます。

会津若松

テーマ:ブログ

ただ今、会津若松に来ています。

5月6日0時30分豊田を出発。

中央道~長野道~上信越自動車道へ入り、

myoukou
上信越道、『信濃町』辺り
前方は雪を頂いた『妙高山』標高2454m

妙高の麓のパーキングだと思ったけど・・・。

SA
雪山の妙高山がこんなに近くに
見られるなんて・・。
2003年10月3日に登った思い出の山です

そして、上信越自動車道~北陸道で新潟に入り、

磐越自動車道で会津に来ました。

途中、仮眠、休憩を何度もとって、

会津若松城の駐車場に入ったのは午前11時でした。

今日は4時頃まで歩きまわったので

今は凄く眠たいです。

おそらく今からバタンキューでしょう。

お城はいずれゆっくりアップするとして、

今夜は、『桜の会津若松城』を3枚だけ。

八重桜
これぞ、まさしく『八重の桜』

『しだれ桜』

枝垂れ桜

『葉ざくら』

葉さくら

以上、『桜の会津若松城』でした。

ではでは。

白い花

テーマ:ブログ

明日から3日ほど留守にします。

あまりにお天気がいいので庭の植木鉢が

ちょっと心配。

なんとか三日間もつようにしました。

今咲いている白い花。

kure
白いクレマチス

雑草のように強いマーガレット、

ma-

これはマーガレットではありません。

『ミヤコワスレ』、

miyako
ふつう、薄紫で可憐な花ですが、
こちらは、色あせて白に見えますが、
ピンクだったような気がします。

白い花、まだ蕾でした。

『白花シラン』葉っぱが斑入り。

siran

普通はこちらのシランが一般的かな。

よく増えます、自分の好きな花です。

siran2

最後は、白い花ではありませんが、

今盛りと咲いているので、

pinku
『サンパラソル』、ミルキーピンク

3週間ほど前に、あまり綺麗だったので

つい、買ってしまいました。

5月~9月まで咲くそうです。我が家に来たら??

さて、咲き続けてくれるでしょうか?

今夜もNHKの大河ドラマ『八重の桜』があります。

いつも楽しみに見ています。

今夜は見ないでちょっと寝ます。

明日に変わる頃、出発予定。

『八重の桜』ゆかりの地、

『会津』へ行ってきます。

ではでは。

 あ

太白オウム

テーマ:ブログ

 孫の家で飼っているオウム。

『太白オウム』のハクちゃんといいます。

5月3日、鈴鹿の娘の家に招待されました。

『母の日』も兼ねて。

名古屋の娘一家も来ていて、

お庭でバーベキューでした。

孫たちも迎えてくれて、

こちらの孫(?)も迎えてくれました。

ハク
『バアバ、いらっしゃ~い!』

『太白オウム』のハクちゃんが迎えてくれました。

『元気だった?ハクちゃん!』

ハク2

『元気は元気だけど~、誰も遊んでくれないよ』

haku3

『バァバ、遊ぼ~!』

haku5

『ハクちゃ~ん、ちょっとだけ遊んであげるね』

と、孫が、

haku

『僕も遊んであげるよ~』と、もう一人が、

ハク4

BQ

『なんだよ、ハクちゃんハクちゃんと・・・。

誰も僕ちんとは遊んでくれないや』

ぴー
ピーちゃんは、すねて、鳥籠から離れません
(って事ではなく、ぴーちゃんはいつもかごの上に
乗っている『籠の鳥』なんですよ)

『あ~あ、外は気持ちがいいな、眠たいよ~!』

haku2

てな訳だか、どうだか・・・?

この後、孫たちが公園へ行くと言うので

ハクちゃんも私の肩に乗って、

一緒に公園へ行きました。

みんな幸せで、私も幸せだな~ぁ、と、

つくづく感じた一日でした。

陣馬形山その2

テーマ:ブログ

4月29日に行った『陣馬形山』の続きです。

『中央アルプス』と『南アルプス』、そして、

『飯田~辰野の町』まで見渡せる

絶景ポイント

『陣馬形山』へ車で登って、

お弁当を食べた時間を含めて2時間いました。

『東屋』もありました。

東屋

『ツツジ越しの中央アルプス』

tyuuou

こんな気持ちの良い所なら半日くらいいても

いいなぁ~、とか思っちゃいました。

でも、そう言う訳にもいかないので、夫に従いました。

この日は麓の温泉『望岳荘』には立ち寄らず、

そのまま、帰りました。

でも、ちょっと花の写真を、

hana
『花とアルプス』

『花とアルプス②』

花とアルプス
リンゴの花でした

『リンゴの花』

リンゴ

ああ

ちょっと、立ち寄った『大草城址公園』

八重

道端の野生の『ヤマブキ』

ヤマブキ

この日の走行距離280km、

国道を走ったので高速料金は0円。

お昼は山の頂上でアルプスを眺めながら

持参のお弁当を食べたし、

特別お土産を買うこともなかったので、

結局、『ガソリン代』を使っただけでした。

なんとまあ、経済的で

満たされた一日だったことでしょう。

1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

記事テーマ一覧

ブログランキング

総合ランキング
12位 / 492人中 down
ジャンルランキング
4位 / 40人中 down
趣味

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/10      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

フリースペース

HTMLページへのリンク

参加コミュニティ一覧