1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

「第12回地域福祉推進のための講演会」参加申込終了しました。

テーマ:ブログ
豊中市社会福祉協議会の勝部さんを講師にお迎えして、3月19日に愛知県立大学にて行う、「第12回地域福祉推進のための講演会」の参加申込は好評につき定員に達しましたので終了いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

※講演会に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。

なおキャンセル待ち等はございませんのでご了承ください。

身近な人が困ったときのために…。「地区社協」立ち上げのため、南小学校区で学習会を行いました!

テーマ:ブログ
みなさん、こんにちは!
CSWの井原ですウインク(女の子)星
だんだん暖かくなってきましたね音符

先日3月2日(木)に、南小学校区の民生委員・児童委員さん、主任児童委員さん、自治会連合会の役員さんと地区社協立ち上げのための、「地域福祉学習会」を開催しました!



ところでみなさん、「地区社協」ってご存知でしょうか?目

「地区社協」とは…
地域の福祉課題を早期に発見し、お互いに支えあいながら解決していくためのしくみを、住民さんと一緒につくっていく小学校区ごとの組織です。



「なんじゃそりゃ!」「初めて聞いた!」という方もみえるかもしれませんが、実は、平成27年度に北・西・市が洞小学校区にこの「地区社協」が立ち上がっています。
主に認知症や閉じこもり、子育て不安についての学習会を、地域の集会所で行いながら、住民さんに長久手市にある福祉課題について知っていただき、身近な人が困ったときに支え合えるようなしくみづくりを進めています。



福祉課題というと、関係ないようで、実はみなさんの身近な問題なのです。
「もしかすると隣の人、困っているかも…。」
みなさんの、そんなささいな気付きが、困っている方の大きな支えになることもあります。

長久手市に住む誰もが困っている人を発見したり、お互いに支え合うためのしくみを、みなさんとつくっていく組織が「地区社協」なのですビックリマーク



と、いうわけで…目
この「地区社協」立ち上げのため、南小学校区でも色んな福祉課題について話し合う機会を「地域福祉学習会」として、民生委員・児童委員さん達と一緒に設けています。



南小学校区での地区社協の立ち上げは、平成29年度中を目標にしています!
地区社協が立ち上がった際には、身近な人との支え合いについてぜひみなさんと一緒に考えていきたいと思いますラブラブ(女の子)

また、地区社協が立ち上がる前でも、身近な困り事があればいつでも社協までご相談くださいね。
「こんなこと、話しちゃっていいの?」
「なんだかすっきりしない、ちょっと話を聞いてほしい!」
「近くに住んでいる人、困っているみたいなんだけど…」
などなど、どんなささいなことでも構いません。

悩み事があれば、いつでもCSW(コミュニティソーシャルワーカー:地域のなんでも相談員)加藤・井原までご連絡ください!
CSW加藤:080-5818-4669
CSW井原:090-8133-7435

福祉の実践者が集って

テーマ:ブログ
長久手市社会福祉協議会が主催で福祉職員の対人援助におけるストレス軽減方法の意見交換会を行いました。

参加したのは、市内福祉事業所等で働く10名で2つのグループに分かれて、職員が対人援助の中で抱えるストレスの発散等について話し合いました。

グループでの意見交換会では、仕事に追われ、精神的・肉体的に余裕がないと、その場とうまく取回すことに考えが集中してしまい、動いてくれない利用者にイライラなどストレスを感じたり、経験の浅い職員は、利用者の行動に振り回されてしまうなどしてストレスを抱えているなど様々な意見がでました。

ストレスを軽減する方法として、一人で悩みを抱えずチームで対応する、プライベートは趣味に走る、自分を客観視する、福祉のプロとして仕事と割り切るなどの意見がでました。

この日、アドバイザーとして参加してくださった、東北公益文科大学 佐野 教授からは、
「人は、社会からの要求で、その場に必要な役割を与えられ演じている。その役割を演じることに無理がかかると、強いストレスとなる。」「自分が与えられた役割を演じる事に無理がある事は現実としてある、しかし役割を演じているんだと自分の本心と役割を距離しっかり持つことが、ストレスの軽減に有効である。」とアドバイスを頂きました。

参加者からは、「少人数で遠慮することなく本音の意見が言えた。」「参考になる意見があった。」などと好評でした。

長久手市社協では、今後も市内福祉事業所の職員の方々と様々な研修や交流会を開催していきます。








☆平成28年度福祉体験作文コンクール入選報告☆

テーマ:ブログ
平成28年度福祉体験作文コンクールに長久手市立南小学校6年生 波田 朋希さんが入選されましたクラッカー2クラッカー2

この福祉体験作文コンクールは社会福祉法人愛知県社会福祉協議会が主催しております。愛知県下の小学生~高校生までが応募でき、本年度は383校740編の作品の応募がありました。

星波田さんは入選作品25作品に見事選ばれました星

波田さんと賞状


入選作品


優秀作品集


福祉体験作文コンクール優秀作品集は、長久手市社会福祉協議会事務所に置いてありますので、みなさまにご覧いただくことができます。ぜひご覧ください。

絵手紙で地域の繋がりを!

テーマ:ブログ
みなさま、こんにちは!

市が洞地区社協では、一人暮らしの高齢者を中心に、絵手紙の心のこもった手紙を贈る活動を始めました。

高齢になると様々な理由で外出が難しい方がいらっしゃいますが、そんな人とも地域が繋がりを無理なくもてたらいいなと思って始めた活動です。
ボランティアの方が一枚一枚描いてくださっており、送られた方も喜んでくださっています。

絵手紙をもらった方が返事を描きたくなった時に、気軽に描くことができるように、絵手紙体験教室も始めました。
絵手紙を受け取っていなくても、市が洞地区の60歳以上の方であれば、誰でも参加可能です。

絵手紙のやりとりが広がり、あたたかい地域になるといいなと思っています。



2月21日の絵手紙体験教室の様子です。
絵手紙ボランティア「わたぼうし」のみなさんが教えてくださっていますニコニコ(女の子)
みなさま、ありがとうございます!!
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

社協 福えもん日記

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧