『正信偈』のはなし 2012年12月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09112601.jpg

本師源空明仏教 憐愍善悪凡夫人 
真宗教証興片州 選択本願弘悪世
還来生死輪転家 決以疑情為所止 
速入寂静無為楽 必以信心為能入
「本師・源空は、仏教に明らかにして、善悪の凡夫人を憐愍せしむ。
真宗の教証、片州に興す。選択本願、悪世に弘む。
生死輪転の家に還来(かえ)ることは、
決するに疑情をもって所止とす。
速やかに寂静無為の楽(みやこ)に入ることは、
必ず信心をもって能入す、といえり。」

法然上人の、当時の仏教界におけるエポックメイキングなことは、
専修念仏、つまり「諸行を廃して、ただ念仏」と、
自分の立場を鮮明に打ち出されたことでしょう。
当時も現代も(現代はもっと露骨になっていますが)、
諸行の兼修が普通であり、瞑想はもちろん、
称名や読経、戒律などが並行して実践されていたのです。
まぁ下世話に言うならば、役に立つこと、
良いと思われることは何でも…というわけです。

その中で、念仏だけを唯一真実の行とし、
他の行を一切廃止することは、当時はもちろん、
仏教の常識に反する考え方だったのです。
今でもそうですから、
法然上人が専修念仏を鮮明に打ち出されたことは、
当時の仏教界で真面目に修行に励んでいた人たちからは
「偏執の人」として批判されることとなったのです。
要するに、上人の主張が理解できなかったのでしょう。
その偏執という非難の根拠となったのは、
上人の愚の自覚であったと言えます。
さて、人間は、いつでも力への信頼を持ったもの、
ということに尽きるのではないでしょうか。
自己が生きるためには、何らかの力
(他人と比べて優れた点。当時なら身分、
今なら能力・肩書きなど)がなければ、
この世を生き切ることはできない、という考え方です。
この考えは、当時のように身分社会に安穏としていた、
あらゆる特権的身分の人に恐怖をいだかせたのでしょう。
しかし、法然上人の言われたことは、愚の自覚、
これに尽きます。
そこから導き出された内容こそは、

現世のすぐべき様は、
念仏の申されんように生きるべし…であったのです。
(念仏は真実、人間からの理屈は仮、ということ)
上人の愚の自覚の表明が、
なぜそれほどラジカルな内容を持ったのでしょうか。

お庫裡から 2012年12月

テーマ:お庫裡から 【坊守】
syukoji_09090902.jpg

「まっ新な朝を重ねて古暦  尚子」
今年も12月。最終月に入りました。
色々なことが世間で起こっているのに、
特別、立ち止まることもなく、
あれよあれよと流されて、今日に至っているということは、
私の身に、余程、何事もなく、
無事な月日をいただいてきたからなのだと思います。
久しぶりに会った人の、その姿の変化には敏感で
「あの人も老けられたわね」なんて思ったりするのに、
その相手の方も、私を見て同じ思いを抱いているとは想像もつかず、
「自分だけは変わっていない」と思っている、この鈍感さ。
この鈍感さ故に助かっている部分もあるのだけれど、
この鈍感さが、将来に禍根を残すこともある。
この年末は、衆議院の解散による選挙となった。
国民の一人一人の力は小さく、国政に参加できる唯一の方法は、
選挙で一票を投じることだけだ。
だからこそ、各候補者の言い分によく耳を傾け、
日本という国の舵取りをどうしようとしているのか、それを敏感に嗅ぎ分け、
候補者の言うこと、それを私は願っているのかどうかをよく吟味して、
私の大事な一票を入れたいと思っている。
九条の遵守 戦禍を逃る術 戦死者出すなこの一票に
故郷を追われ 流浪の民となる明日は我が身か 原発大国
近代の この国の歴史見返れば 12歳のままでいてはならず 
                          尚子

今月の掲示板 2012年12月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

わかった、というのは
今、自分の持っているごくわずかな小さな知識の中に
どっかと収まったということ

われわれの世界は 生死の世界
いいことの裏は、悪いのです。
だからいつも 苦労がつきまとう

20歳の時、今の自分を想像していたか?
全て、想定外だったのではないですか。

夢の中では それが夢であるとわからない。
目が覚めて、はじめて、ああ夢だった、とわかる。
夢が夢だとわかる。

人間の問題を人間の力で何とか片づけようとする。
それは理想主義。
貪欲な人間は、もっともっとで、どこまでいってもたすからない。

南無阿弥陀仏というのは、
本当の自分から、自分に帰れと
私たちに呼びかけてくることば。

鏡がなければ自分の顔が汚れておることがわからない。
それがわかるには鏡がいる。
お念仏は鏡です。

本当にたすかったとは、
たすからない世界に身を投げ出していけること。
どんなに苦労してもよろしい、というのが
本当にたすかったこと。

本堂に座って 2012年12月

テーマ:本堂に座って 【若院】

syukoji_09090904.jpg

これまで、何度にもわたって安冨歩さんの
『生きる技法』から文章を引用させていただきました。
ここで紹介させていただいたのは、ほんのごく一部なのですが、
そんな中にも、今まであたりまえと思っていたことを
ひっくり返される様な「命題」がいくつもありました。
今月は、その最後に書かれている「成長」について」紹介します。

【命題14】成長とは、生きる力の増大である
では、成長するには、どうしたら良いのでしょうか。
成長しようと思うには、努力が必要です。
しかし、無闇に努力しても、成長するものでもないのです。
意味のある努力をしないといけません。
では、意味のある努力とは、というと、
それは結果として成長できるような努力です。
堂々巡りです。
しかし、この堂々巡りは、必然的な堂々巡りです。
それはひとりひとりの人間が、それぞれに意味を見出すしかないのです。
自分でやってみて、意味があるかないか、
人間は実のところ感じられるのだと思います。

【命題14-3】
自分のやっている努力に意味があるかないか感じることが大切
問題は、それが感じられなくなっていることです。
往々にして人間は自己嫌悪に陥りますので、
そうなると自己嫌悪に操られて、
自分のやっていることに意味を感じないと喜び、
意味を感じると怯える、ということになります。
こうなっていると、決して成長することはできません。
無駄な努力を積み重ねて、いらないものを手に入れて、
喜んだフリをするのが関の山で、実際にはがっくり落ち込んで、
絶望するばかりです。
【命題14-4】
問題は、自分のやっている努力に意味があるかないか、
感じられなくなっていることである
では、どうやったら感じられるようになるのでしょうか。
実はこれが、難問中の難問で、
私にも何が正しいのかよく分からないのです。
逆に、「これはダメだ」と言えることが1つあります。
【命題14-5】
感覚を再生しようと思って努力しても、無駄
これを「自力」と言います。
なぜダメなのかといいますと、感覚が作動しなくなっていると、
何が感じられなくなっているのかわからないので、
「感じられるようになる」という目標そのものの意味が、
感じられないからです。
では、感覚を再生しようなんて思っても無駄か、
というと、そういうことではないのです。
再生したい、と願うことは大切で、なぜかというと、そう思っていると、
あれ、突然、何か感じたことのないことを感じている、というように
「感覚と出遇う」ことがあるのです。
逆に「再生したい」と願っていないと、その出遇いに気づかず、
通りすぎてしまうことがあるからです。
【命題14-6】
感覚を再生したい、と願うことは大切
自分自身では感覚を再生することなど出来はしない、
ということを自覚しつつ、願うことを「他力」と言います。
この場合、何に願っているのかというと、
自分自身とその周辺に作動して、この世界を創り出している
「流れ」のようなものに願っているのです。
【命題15】
成長は、願うことで実現される
(『生きる技法』安冨歩 著-成長について-より引用させていただきました。)

最後に「自力」・「他力」が出てきますが、
ここでは親鸞聖人の教えに遇われた安冨さんが、
ご自身のことばで「自力」・「他力」を
表現してくださっている様に思います。
「頼む」、「祈る」のではなく、「願う」ことで成長
(=生きる力の増大)が実現される…この違い(難しいですが…)を
しっかり受け止めたいと思います。

今日も快晴!?2012年12月

テーマ:今日も快晴!? 【若坊守】
syukoji_09090905.jpg

お寺の大掃除の終った午後のことです。
長男の開(4年生)がそわそわと
「ねえ、お母さん。今から加茂川に行っても良い?」
と尋ねてきました。 
「加茂川?何しに行くの?」
「清掃ボランティア。ほら、いつも土曜日はテニスで行けないから、
日曜に集まれる子で集まってやろうって話になったんだけど・・・」
子どもたちの通う小学校では、自主的な校外活動の一つに
学区内を流れる加茂川の「清掃ボランティア」というものがあります。
年に数回、土曜日の午前中に希望者が集まり、
地元のボランティアの方に交じって土手のゴミ拾いなどの活動を行っています。
学校からのお便りで知ってはいましたが、加茂川は校区内とはいえ、
自分たちが住んでいる寺部地区を流れる川ではないし、
生活圏からはちょっと外れていてあまり馴染みがないことと、
土曜日の午前中は大抵習い事と重なってしまうので、
あまり気にしていませんでした。
夏休みを過ぎた頃から、長男は劇的に変化しました。
それまでは、特に親しく行き来する友人もおらず、
帰宅しても家で大人しくレゴをしているか本を読む姿しか見たことがないような子だったのに、
今は6時間授業で4時半近くに帰宅しても、
「今から友だちの家に遊びに行く!」
と自転車で家を飛び出して行きます。
あの引きこもり系の子が、変われば変わるものだなぁ・・・と、
親の方が戸惑うくらいです。
子ども同士で約束をして、
「日曜に加茂川ボランティアに行こう」と決めたのは、
そうした流れの一環でしょう。
大いに歓迎すべき事だとは思いましたが、しかし、
その日は丁度昼くらいから雨が降り出し、
とても清掃活動が出来るお天気ではありませんでした。
こんなお天気の日に人が集まるとは思えないし、
私も午後からは絵本作家さんの講演会に申し込みをしていたこともあり、
送り迎えをしてやることも出来ません。
「こんな雨の日じゃ誰も来ないよ。だいたい加茂川までどうやっていくの?
お母さん送ってあげられないよ?今日はやめて、またにしたら?
行ったところで、きっと誰もいないよ。」と、引き止める気満々で重ねて言うと、
「だって、日曜日にやろうってみんなに声を掛けたの僕なんだもん!
絶対行く!!自分で自転車こいで行くから、
行っても良いでしょう?ねえ、お願い!」と言うではありませんか。
それまでの、大人しいばかりでそう社交的でもない
長男のイメージからはかけ離れた言葉に、
心の底から驚きました。
そこまで言うならと、カッパを準備し、長靴に軍手、
ビニール袋等を持たせて、「気をつけてね」と送り出しました。
シュタイナー教育では、「9才の危機」と言う言葉があります。
子どもは成長に伴ってさまざまに変化しますが、
9才前後の時期には、内面の不安と共に独立心が芽生え、
成長の節目を迎える時期と考えられています。
開はまさに9才。
恐らく彼の内面では、天地がひっくり返るほどの大きな変化の波が
押し寄せているものと思われます。
 案の定、加茂川には誰も来なかったようでした。
開は一人でビニール袋一杯分のゴミを集め、
雨の中自転車をこいで満足そうに帰宅しました。
子どもの姿が、それまでの何倍も、大きく大きく見えた午後でした。

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人