清風 2017年9月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg

現代社会に生きる人間は、欲望する存在ということです。欲望する存在とは、他人に対して優越し見栄をはろうと欲望することです。
人間関係がすべて虚栄心から生まれる。そこに現代社会の実相があります。

「現代社会と人間の問題」(『南御堂』紙 2004年4月号11面)
今村仁司(1942~2007) 専門:社会哲学・思想史
著書『親鸞と学的精神』『清沢満之と哲学』(岩波書店)その他多数。


親鸞聖人が法然上人から聞かれた言葉に、人間には「勝他・名聞・利養」という煩悩があるのだと記されています(『口伝抄』)。
「勝他」とは、まさに「他人に対して優越しよう、見栄をはろう」とすることでしょう。
「名聞」とは「有名になりたい」ということ、そして「利養」とは有名になって「いい目に会いたい」ということだといわれています。
昨年の7月のことになりますが、相模原市の障害者施設で重度の障害者を狙い、19人が殺害された事件が起こりました。
その事件を起こしたのは、その施設で介護職をしていた元職員でした。
その後の取り調べで、この元職員は前もって決行について次のように記していたとされています。
「障害者は不幸を作ることしかできません。」「全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。」など、と。
この元職員が記している「全人類が心の隅に隠した想い」をもって今回の決行の決意とするという文面は、私たちもそのような想いを「隠した想い」として、それこそ一度胸に手を当てて考えてみなければ…と思った方もおられるのではないでしょうか。
「障害者は不幸を作ることしかできない」のであって、その存在は認められない、ということでしょう。
それは何故か?障害者は、社会の発展に間に合わない、厄介なものだというのでしょう。
現代社会ではG7 ―G7はGNP(国民総生産高)上位7位の略ですが― 先進7ヶ国と言われ、G7以外は発展途上国などと通称されるように、現代では総生産高がその国をはかるモノサシとなっています。
つまり、物の生産です。
どれだけ貨幣を稼ぐかというのが、すべてに先立つ評価の基準になっているということでしょう。
新聞報道によれば、愛知県は名古屋港近くにカジノ(賭博場)を作る計画を立てたと報道されています。
貨幣を稼ぐためなら賭博場も作ろう、というわけです。
早い話が、障害者は稼がない者、だから社会の厄介者という断定に立って、この事件は起こされたわけです。
そしてその加害者の主張は、「全人類・日本人ならすべての人が、表立っては言わないかも知れないが、心の隅に隠した想い」である、と。
その「隠した想い」とは、上に紹介した文章からいえば、「他人に対して優越しよう、見栄をはろう」とする、虚栄心のことでしょう。
この欲望は「虚栄」だから限界がない。
かなえば「もっと、もっと」と際限がない。
つまり私どもの日常の言葉にすれば「当たり前」。要するに、「虚栄」であるということは「飢餓的」であって際限がないということです。
「真の満足が得られない」ということでしょう。
「真の満足」がほしい、これが先進7ヶ国の住民の、偽りのない事実でしょう。
「障害者は不幸しか作れない」という人がどれだけ幸せであったか、はなはだ疑問だと思うのですが。

さてここで原点に返って、人間(私)について考えたいと思います。
人は、人間 ― 人の間と書きます。
人という字も「人」と「人」から出来ているように、支え合っているということを表現しています。
人間はその字を見てもわかるように、人と人の間に生きて初めて人と成れる生き物であるようです。
障害者に出会って、障害者から問いを受けた、それが人間であることの意味というわけです。
「障害者は人間としてではなく、動物として生活を過ごしております」と元職員(加害者)は述べています。
障害者から健常者(と言ったらいいのでしょうか?)は問われているのでしょう。
「障害者は生きる意味はないのですか?」「人にとって、生きるとはどういうことですか?」と。
いわゆる付加価値(学歴・健康・若さ、など)をつけていくこと、これが現代人の、学校で学ぶことから始まって生涯を過ごす、大きな関心事でしょう。
しかし、長寿ということが長年の人類の悲願であったと言えるかと思いますが、世界でも有数の長寿を達成した国、日本ではどうでしょうか。
「長生きはめでたい事なのか」という題で投書をされていたのは、83歳の男性でした。
投書の内容は、老齢になっての不安、認知症・介護の世話にならなければならなくなる、そして尊厳死・安楽死が可能となる法的環境を整えてほしいというものでした。

みんな誰でも生まれて生きる以上は老・病・死を避けて通るわけにはいきません。
結局、今問われているのは「なぜ命は尊いのか」ということでしょう。
付加価値という「ころも(衣)」を着けたいのちではなく、付加価値を付けていない、裸のいのち、それが尊いと言える根拠、病んでいても、老いていても、そのままで「命は尊い」と言える根拠は何ですか、と。(続く)

 

今月の掲示板 2017年9月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

  若きにもよらず
  強きにもよらず
  思ひかけぬは
  死期なり  (徒然草 137段)

  人 みな
  生をたのしまざるは
  死をおそれざる故なり

  我が智を取り出でて人に争ふは
  角ある物の角を傾け
  牙ある物の牙を咬み出だす類なり (徒然草 167段)

  万の事
  外に向きて
  求むべからず
  ただ ここもと(手元)を正しくすべし(徒然草 181段)

  予(かね)てのあらまし
  皆 違ひ行くかと思ふに
  おのずから違わぬこともあれば
  いよいよ物は定め難し
  不定と心得ぬるのみ
  実(まこと)にて違わず (徒然草 189段)
  
  ゆく河の流れは絶えずして
  しかも もとの水にあらず
  よどみに浮かぶうたかたは
  かつ消え かつ結びて
  久しくとどまりたる例(ためし)なし
  世の中にある人と栖(すみか)と
  また かくのごとし (方丈記)

  心の師とは成るも
  心を師とする事なかれ (往生要集より)

本堂に座って 2017年9月

テーマ:本堂に座って 【若院】

syukoji_09090904.jpg

先月号のこの欄で、「問いを持つこと」について、西野亮廣さんの文章を紹介しました。
西野さんといえば、少し前には「よくテレビで見る芸人さん」という印象だったのが、「絵本を描いた」「ハロウィンのゴミ問題を“ゴミ拾いイベント”で解決した」…などなど、「お笑い芸人さん」とは一線を画した活動をされている様子が、たびたび聞かれるようになってきました。
最近では著書である絵本『えんとつ町のプペル』の画像全ページや、これから出版される本(『革命のファンファーレ』)の一部をインターネットに公開されたりと、今までの“常識的な”考え方では受けとめきれない、様々な活動をしておられます。
今月は、先月の「問い」を受けての文章を紹介します。

さて。「問い」が見つかったら、次は「問い」の答え方。
その方法は、人それぞれあるとは思うけど、僕は常に“ヨットのように進む”ことを心掛けている。
はてさて、どういうことか?
ヨットは風を利用して前に進んでいる。
追い風の時はもちろん、向かい風であろうと、帆の傾け方次第で前に進むことができる。
やっかいなのは「無風状態」の時で、この時ばかりはニッチもサッチもいかず、手漕ぎでエッサホイサしなくちゃいけない。
大変な労力だ。

これを自分の人生や企画に置き換えてみた時に、ヨットというのは自分自身で、風は、その時の状況だ。
追い風は「背が高い」「頭が良い」「運動神経が良い」「お金持ち」といった才能であり、向かい風は「背が低い」「頭が悪い」「運動音痴」「貧乏」とか……まあ、ザックリ言ってしまえば、「嫌なこと」だね。
多くの人は、この「嫌なこと」を消そうとする。理由は「だって嫌だから」。
気持ちはすご~く分かるんだけど、どっこい、ヨットの理屈で考えると、その「嫌なこと」は向かい風で、やはりこれも前に進む力となる。
感情に任せて「嫌なこと」を消した先に何が待っているかというと「無風状態」で、実はその状態が一番やっかいだ。何の後押しもなく、手漕ぎでエッサホイサといかないといけなくなるから。

この「向かい風も追い風」という感覚は常に持っておいたほうがいいと思う。
それだけで、自分がどこに力を入れたらよいか、が明確になってくる。
とにもかくにも向かい風を消すなんて、もったいない。
どの方向からであろうと、そこに風が吹いていれば「ごちそうさま」で、基本的に僕らには常に追い風しか吹いていない。
こんなにラッキーなことはない。そいつを使っちゃおうぜ、という話。
(『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』西野亮廣 著より引用しました。)

西野さんの行動や発信は批判を受けやすいのですが、その行動・発信の1つひとつにはそれぞれに原因があり、それを解決するにはどうすれば良いか?をハッキリと意識されているので、その過程を知るほど、納得せずにはいられません。
また「嫌なこと = 向かい風」を「追い風」にするヒント的エピソードとして、「自分の10点の能力を60点に伸ばす時間を、自分のどこかに埋まっている70点を120点まで伸ばす作業に回そうと思った」と書かれています。
「嫌なこと」をきちんと知り・受けとめることで、自分が伸ばすべきことを見つけられれば、「向かい風も追い風」と言えそうです。
この本を知ったばかりの頃は「ありがちなタレント本?」くらいにしか思っていませんでしたが、ネットでの書き込みやこの本を実際に読んでみて、古い常識にとらわれない発想は、身近なことの中から生まれるんだと、あらためて教えていただきました。
(次号で、もう1ヶ所紹介したい部分がありますが、なぜ本をネット上に公開しているのかなど、興味のある方はぜひブログや本を読んでみてください。)

 

今日も快晴!?2017年9月

テーマ:今日も快晴!? 【若坊守】
syukoji_09090905.jpg

東京に住む妹たちと姪っ子ののの葉ちゃんがお盆休みに帰省してきました。
1歳3ヶ月になったののちゃんは、泣く姿も食べる姿も寝る姿も、何もかも「可愛い」の一言。
もはや孫のような感覚です。
とりわけ、食べ物を手にしたときの満面の笑顔は最高で、ついつい食べさせてしまうので、こちらに滞在中目に見えてお腹が膨らみ、りっぱなメタボ体型になってしまいました。
仕事で一緒に来られなかったパパに写真を送るたびに「またののちゃん膨らんだね・・・」と言われる始末です。
ただ、こちらがどんなに「おいで」と手を伸ばしても、ののちゃんにとって私は知らないおばちゃんなので、1週間の滞在中、最後まで私が抱くと大泣きしていました。
そんなに悪いおばちゃんじゃないんだけどな~。
こちらに来てから数日後、ばぁばには大分慣れてきたので、妹二人がののちゃんを置いて出掛けることになりました。
最初は目新しいおもちゃに夢中になり、ママが自分を置いてこっそり出掛けたことも気づかないようでしたが、途中から(あれ?そういえばお母さんがいないぞ?)と気づいたようでした。
その時から、目に見えてののちゃんの表情が硬くなり、笑顔が消えました。
泣かずに黙々と遊んでいるのですが、どことなく緊張感を持って過ごしているのです。
(ここは安全な場所ではあるみたいだな。この顔も、何となく見たことがある気がする。仕方が無い。今日は我慢してここで過ごすとするか・・・)とでも思っていたのでしょうか。
妹が帰宅した瞬間、いつもの笑顔が戻ったので、「やっぱりお母さんといるときと表情が違うね~」と話したところ、「やっぱりねぇ、一緒に過ごす時間が長い人が『お母さん』なんだと思う。私も保育園に夜の7時頃迎えに行くけど、最初は(あれ?この人誰だっけ?)みたいな顔をされるもん」と言うので、なるほどと思いました。
何らかの事情で親と別れる子どももいるので、実の親でなくても側で愛情を持って関わってくれる人がいれば、子どもは育ってゆくのだと思います。
ということは、実の母親であっても「私が産んだから」と関わる努力を怠ると、子どもの方からそっぽを向かれる可能性もあるのかなと思いました。
子育ては、関わり合ってゆく時間の積み重ねの中で、互いに親となり子となってゆくのかもしれません。
会社の都合もあり、妹は生後半年でののちゃんを保育園に預けて会社に復帰しました。
同じ会社にお勤めのご主人も子育てに協力的で、一生懸命関わってくれているのですが、帰りが遅かったり長期の出張があったり、「流行のワンオペ育児だ」と妹が嘆いていました。
妹も、一日仕事を終えて疲れた身体でお迎えに行き、さらに帰宅後、一人で家事に育児では本当に大変だと思います。
もう少し近かったらいくらでも預かったり手助けすることが出来るのに、さすがに東京ではどうすることも出来ません。
マンションの一室で、妹が一人で途方に暮れる日もあるんだろうなぁと想像すると胸が締め付けられます。
でも、ママといる時間を濃密に過ごすののちゃんと、保育園に預かって貰っている時間も、保育士さんがへとへとになるくらい力いっぱい遊んでいるというののちゃんの様子を聞くと、(ああ、妹たちが全力で自分を育ててくれていることをののちゃんはちゃんと分かっているし、きっと大丈夫)と思えます。

お庫裡から 2017年9月

テーマ:お庫裡から 【坊守】

syukoji_09090902.jpg

 孫達が話しています。
「市内大会が終わると、西三(西三河)大会で、そこで勝てば県大会。僕たちは県大会に出るのが目標だって」
 どうやら誓くんのハンドボールの部活の話のようです。
 30年程前、誓くんと同じ、地元の高橋中学へ通っていた次女は、バスケット部でしたが、その頃の高中の女子バスケは市内20校の頂点にいて、明けても暮れてもバスケ、バスケで通しましたが、西三大会止まりで、一度も県大会に出たという記憶がありません。
 誓くんを見ていると、次女の時のような覇気というか熱気があまり感じられません。ついつい口をはさんでしまいました。
「高中のハンドは、西三大会や県大会に出られるほど強いの?」
「まー、強いってことはないけど、普通かな」
「でも、西三や県大会には、強いチームが行くんでしょう?」
「違うんだよ、豊田市内の中学校にハンド部のある学校が少ないんだよ。だから、1~2試合すると、3位までは自動的に西三大会に出られるんだよ。だから、そこで勝って県大会に出るのを目標とするんだよ」
 知立市で行われた西三大会(どこもハンドボール部のある中学校は少ないよう)で勝ち進み、豊橋での県大会出場。
2回戦で敗退し3年生は引退し、新チームになりました。ハンドボールはマイナーな競技で、練習場所も直前にならないと確保できず、場所を転々とするので、送迎に親は振りまわされているようです。
 ちなみに、開くんのロボット部は、市内および隣のみよし市を含めても高橋中学にたった1校しかないため、「僕なんかさー、いきなり県大会なんだよ」。
その大会は夏休みの終了直前にあるため、今はまだ調整中。
 孫のいい所は、勝っても負けてもこちらが熱くならず、「そうか」「そうか」と聞けることですね。

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人