今日も快晴!?2012年5月

テーマ:今日も快晴!? 【若坊守】
syukoji_09090905.jpg
もしかしたら、私(第1子)には永遠に分からないもの・・・
それは、「第2子の心理」かもしれません。
我が家の次男坊、誓は、
①被害妄想が激しい、
②「自分だけ損をしている」というひがみ根性が大きい、
③根拠のない尊大な自尊心を持ち、自分の負けを認められない、
④自分の話は聞いて欲しいけど、人の話は全然聞いていない、
⑤自意識過剰の割にへっぴりごしで、いざというとき
「やっぱりやらない・・・」となりがち
・・・等の特徴があります。
これらがすべて「2番目だから・・・」という理由でくくれないとは思いますが、
先日もこんなことがありました。

その日はたまたま長男、開の宿題がプリント一枚で、
誓の宿題が2枚出ていました。
開は先に宿題を済ませてさっさと外に遊びに出ましたが、
しばらくすると、誓の問題を解く手が止まり、
しばらくじっとプリントを見つめていたかと思うと、
握っていた鉛筆をガンガン机に打ち付け、
足で床をどんどんと踏みならし、涙をポロポロこぼし始めたのです。

彼にとっては、自分の宿題の枚数が一枚多いことが
どうしても納得いかないらしく、
(どうして開くんの宿題は一枚だけなのに、僕の宿題は2枚もあるんだ!
僕は不当な扱いを受けている!僕だけ損をしている!
僕はひどい目に逢っている!!)と悔しくてならないらしく、
こちらがいくら「そりゃ開くんと誓くんは学年もクラスも違うんだから、
枚数が違っても仕方がないよ」となだめても、
気持ちが収まらないようでした。
こちらも、彼の頑なな態度を見ている内に無性に腹が立ってきて、
「あのねぇ。今、誓くんが泣いている理由を100人の人に話したら、
100人が100人とも『そりゃ誓くんがおかしいよ。
そんなの泣く事じゃないよ』って笑うよ!?
泣いている時間が勿体ないから、さっさと宿題やりなさい!」と、
ついつい語気が荒くなります。

そんな事があってから、
「ねえ、うちの誓くんこんな風なんだけど、大丈夫なんだろうか?」と
仲良しのママ友達に相談したところ、
「う~ん。誓くんが『僕だけ損をしている』と思う気持ちをまず
受け止めてあげたらどうかな。
『誓くんだけ宿題がたくさんあって悲しかったね』って。
それで、褒めなくても良いから、
出来たことを認めてあげたらどうかなぁ?
『○○がちゃんと出来たね』って・・・。」と言う言葉をもらえました。
お互い、「自分の子どもじゃなきゃ、言ってあげられるんだけどね~」
と笑いながら、心が清々しくなっていくのを感じました。

そう言われてみると、私は
(誓がこんな性格のまま大人になったら大変なことになる。
今の内に矯正しておかないと・・・!)
と、彼の欠点(に見えてしまうところ)を
何とかしようとそればかり必死になっていたような気がします。
自分が子どもの時、
(どうしてうちの親は理由も聞かずに頭ごなしに怒ったりするんだろう。
私が親になったら、絶対あんなことはしない!)と思っていたのに
(もちろん、自分が親になってみると、そりゃ怒られて当然だわ・・・と
理解できるところはあるのですが)、
やはり同じように悔し涙に暮れる誓のやりきれなさを受け止めずに、
頭ごなしに叱るような親になっていたなぁ・・・と、深く深く反省したのでした。
とにかく第2子は、上と下に挟まれてなかなか難しいポジションのようです。
理解しづらい所も多いのですが、一緒に迷い、悩み、
一生懸命その時出来る最良の答えを共に考えてくれる
多くの友人達に囲まれて子育てが出来ることが、
本当にありがたいと思えました。
  1. 2012/05/02 21:44
    こんばんは!
    親として、子供のことは心配が多いですね。
    三人の子供を持つババァは、
    このように思いました。

    どうか、次男さんを抱きしめてあげて下さい。
    いつもいつも、抱きしめてあげて下さい。
    自分がすごく愛されていることが、
    子供に分かるように…。

    一番上の子は、初めての子なので
    親は一生懸命 気をかけます。
    一番下の子は、小さいからと手をかけます。
    真ん中の子は、知らず知らずの内に
    寂しい思いをしています。
    親として、差別をしたつもりは無くても…。

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/34562

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人