清風 2012年5月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg


君は今、君の親戚なぞの中に、これと言って、悪い人間はいないようだと云いましたね。
しかし、悪い人間という一種の人間が世の中にあると君は思っているんですか。
そんな鋳型に入れたような悪人は世の中にあるはずがありませんよ。
平生はみんな善人なんです。
それがいざという間際に、急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。
夏目漱石(1867~1916)筑摩文庫版『こころ』


「平生はみんな善人なんです。それがいざという間際に、
急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。」

漱石の小説が今も読まれるのは、こうした視点、
つまり人間を見る視点の確かさといったものがあるからだろう。
人間、あるいは人という言葉が、人間として生きることの、
ある種厄介さを現しているといえよう。
なぜなら人間は、人-間であり、
人という文字が斜めの棒とその棒を支えるかの如く
-もう1本はやや小さめではあるけれども-棒が添えられている。
この2種の仕方で表現されていることからもわかるように、
人は、人と人の間で生きなければ、人には成れないということであろう。
人間が生きる上において、人(私)は人に迷惑をかけつつでなければ
生きてはいけないという厄介性を孕んでいる。

漱石はその厄介性を、
「悪い人間という1種の人間が世の中にあるはずがありませんよ。
平生はみんな善人なんです。」と、ここに書いたのではなかろうか。
「それが、いざという間際に、急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。」
ここに書かれた「いざという間際」とは、誰にとってのことであろうか。
言うまでもなく「他ならぬ私」にとってのことである。
他人にとってなら、気の毒だと言っておれば済むことに違いないのだから。
そしてさらに、私にとっての「いざという間際」には、
私もまたその悪人になってしまうということである。
要するに、「平生はみんな善人」であり、
「少なくともみんな普通の人」なのである。

コメント

  1. 世良 康雄
    2012/05/10 23:30


    伯方藩渡辺氏子孫は現在どうされていますか?



トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/34567

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人