本堂に座って 2017年1月

テーマ:本堂に座って 【若院】

syukoji_09090904.jpg

2016年は「改憲」の話題や参院選などがあったことから、守綱寺でも「憲法カフェ」を開催するなど、日本国憲法についての話を聞く機会を今まで以上に持ちました。
年末には法律学の研究者であり真宗の教えを深く聞いておられる平川宗信先生のお話を聞かせていただきました。
今月は、平川先生が新聞に寄稿された真宗の教えと日本国憲法についての文章を紹介します。

私は、現在の日本国憲法は本願に照らして高く評価できる憲法だと思います。
日本国憲法は、前文で、「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」と宣言しています。
「恒久の平和」は「浄土」と、「崇高な理想」は「本願」と重なります。
そして、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」できるのは、本願が全人類に届いているからでありましょう。
これは、「日本国民は本願に立って平和を守る」という宣言です。
そして、「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭」そして「恐怖と欠乏」をなくそうとする決意は、「地獄・餓鬼・畜生なからしめん」という大無量寿経の第一願「無三悪趣の願」と重なります。
戦争は「地獄」、欠乏は「餓鬼」です。
専制・隷従・圧迫・偏狭・恐怖は人間を「畜生」にするものです。
さらに、戦争放棄・戦力不保持を規定した第九条は、釈尊の「殺すな、殺させるな」という不殺生戒、大無量寿経の「兵戈無用」(武器も兵隊もいらない)と重なります。
私は、日本国憲法は、武力ではなく本願力を恃(たの)み、本願に願われた世界を求める国家を目指した「本願国家宣言」だと思います。
これに対して、改憲案の前文は、「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、(中略)天皇を戴く国家であ」り、「(困難)を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する」とした上で、「日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り」、「経済活動を通じて国を成長させ」、「国家を末永く子孫に継承するため」に「憲法を制定する」としています。
ここでは、国家が前面に出され、その歴史・文化・天皇制や発展が誇られています。
ここには、地上の国家は「穢土」であるという、如来の視点はありません。
国民は、国土防衛、経済成長、国家の継承のための存在とされています。
これは、国民を国家に従属する「畜生」とするものです。
また、経済成長を国家目標とすることは、「餓鬼」でありましょう。
改憲案では、平和主義も、友好関係の増進と平和・繁栄への貢献という、抽象的な内容にされています。
そして、第九条は自衛戦争を認める規定に変えられ、国防軍の保持、国際的軍事行動への参加、軍事法制の整備等を定める条文が新設されています。
これは、戦争・「地獄」を求める国を目指すものです。改憲案は、「地獄・餓鬼・畜生」の「三悪趣国家」を目指す物といわざるをえません。
真宗者が選ぶべき憲法が現行憲法であることは、明らかだと思います。
ただし、現行憲法を護れば問題ないというわけではありません。
また最近は、解釈や立法で憲法を済し崩す動きも顕著です。
このような動きも阻止されなければなりません。
とはいえ、現状を座視・黙認・支持して支えているのは私たちです。
そこには、三悪趣を生きる私たちがあります。私たちは、三悪趣に安住するような念仏しかしてこなかったのではないか。
真宗者には、今こそ親鸞聖人の念仏に立ち帰ることが願われていると思います。
(中日新聞2015年2月27日付『真宗者と現代社会(下)』平川宗信 著より引用しました。)

憲法についての話を聞くたびに、「憲法の理念は仏教・真宗に通じる」と何となく感じていたのですが、平川先生のお話を聞いてハッキリしました。
自分がどんな世界を願っているのか…それを見つけ出す“学び”を深めていきたいものです。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/62215

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人