今日も快晴!?2017年3月

テーマ:今日も快晴!? 【若坊守】
syukoji_09090905.jpg

6年生の次男が、小学校を卒業するまであと一ヶ月を切る時期になりました。
身長はこの一年間で10センチ近く伸びて、ランドセルが飾りのようにちょこんと背中に乗っています。
毎朝玄関で「行ってらっしゃい」と見送るのですが、ランドセル姿もあとわずかと思うと、じんわり涙がにじみます。
小学生男児らしく、毎日誰か友達と遊ぶ約束をして来て、6時間授業で4時半頃に帰宅した日でも「遊びに行ってくる!」と飛び出して行きます。
そうかと思うと、自分の部屋にこもって扉を閉めて本を読みふける時間も増えました。
目立って反抗期というわけではありませんが、時折(何を考えているのかな?)と思うこともあります。
私は次男について、大変な思い違いをしていました。
自分が三姉妹だったので、友人から聞きかじった話をお手本に、「男兄弟はライバル関係にあり、仲が悪いわけでは無いけれど、成長したら進んで連絡を取り合うことも無くなり、滅多に口も聞かなくなる」といった兄弟像をイメージしていました。
幼い頃は、「物静かな長男と元気な次男」というイメージだったので、極力違った方面のことをさせて、二人が同じ土俵で勝負することが無いように、互いに違った分野で力を発揮できるようにと考えていたのです。
ところが、(活発な次男に向いているだろう。
左利きを活かせるし)と連れて行ったスポーツ教室は、1年半ほどで「やりたくない」と言いだし、あっさり止めてしまいました。
次に次男が自分から「これをやりたい」と言い出したのは、長男が通っていた「クルマづくり究めるプロジェクト」というものづくり系の活動でした。
中学に入ってやりたい部活は、長男と同じ「ロボット部」だと言います。「兄弟で競わせるのは止めよう。違うことをさせよう」というこちらの意図に反して、次男は長男と同じことばかりやりたがるのです。
最近になって、ようやく(ああ、次男は長男が大好きで、憧れのお兄ちゃんで、同じことがやりたいんだ)と気づきました。
二人は本当に仲良しで、喧嘩もせず、毎日学校から帰ると二人で延々と楽しそうに好きな漫画や小説、アニメや音楽のことなど話し続けています。
子どもは、親の思いを超えて育ってゆきます。
(この子はこういう子だろう)という固定概念を易々とぶちこわして、思いも付かないような面を見せてくれます。
毎日、「今日の晩ご飯は何~?」と言いながら帰宅する子ども達に、あと何年ご飯を作ってあげられるのだろう?
「次はこれ読んで~」と、毎晩寝かしつけの読み聞かせをねだる子どもに、あと何冊本を読むことが出来るだろう?
次男は4月から一体どんな中学生になるのだろう?
学校で過ごす時間も増えて、部活、テストの成績、反抗期等々、親としては(こんなはずじゃ無かった!)と思うことも多々あるとは思いますが、「どんな風になっても大丈夫。どんなあなたでも愛していて受け止める」と、言ってあげられるかどうか。
まだまだ親が試される日々が続きます。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/62427

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人