本堂に座って 2017年3月

テーマ:本堂に座って 【若院】

syukoji_09090904.jpg

毎月のお参りで、本山(東本願寺)から出版されている『真宗の生活』の文章を読んでいます。
この本は、本山から出版されている書籍から一部分を抜き出して掲載し、いろいろな本(12冊)を毎月少しずつ読むことができるように作られています。
今回はその中から、最近読んだ「老い」についてのお話の原文を紹介します。

 ひとのおもいや願いが叶わないことのひとつに「老い」があります。
老いに関しての一般的な考え方は、近代化の「以前」と「以降」では大きく違います。
近代化以前は大家族で、支える地域にも地縁血縁者にも囲まれて、老人は長老として敬老されていました。
近代化以降は、家族規模が縮小して核家族となり、老人の暮らしや介護などが外部化して、家族ではなく老人ホームなどへ移りました。
また、近代化以前は、老人のさまざまな知恵で諭す役割もありました。
そして、老親に孝行する風土がありました。
近代化以降は、産業化が進展し、労働力としては排除の対象となりました。
また、長寿となり、老いに対するイメージや考え方は「敬老される存在」から介護される存在となりました。
しかし、このことは「時代や社会」とともに変化するものとおもいます。
「時代や社会」が変化しても変わらない「老い」について考えてみることにします。
 お釈迦さまが出家する由来の物語として「四門出遊」というおはなしが伝わっています。
お釈迦さまは、今から2500年前、現在のインドの小さな国の王子さまとして生まれられました。
あるとき、お城の外へ出かけようと東の門から出ようとすると「老人」に、南の門から出ようとすると「病人」に、また西の門では「死人」にと、人生において逃れることのできない「老病死」に出会われました。
そして、北の門ですがすがしい出家僧に出会い、出家されたといい伝えられています。お釈迦さまが29歳の時のことでした。
 「老い」は、そのテーマである「老病死」のひとつであり、人間にとって逃れることのできない、じぶんの意志では叶わないことのひとつです。
「老い」に至る人生の歩みは、どれひとつも「夢」ではなく「事実」です。
老いの道中は、「叶わない」「意のままにならない」ことのなかで、苦渋を味わい、また、悲しみの中で、ひとはみ教えを聞き、正しく観ることを知ることになります。
それは、「あきらめ」ではなく、「正しく観る」ことで、他人事ではなく、「じぶん」のこととしてみえてくるのだとおもいます。
 ボクは樹木からさまざまな教えを聞いてきました。樹木は、陽春に芽吹き、新芽が育ちます。まるで赤ちゃんが育つかのようです。
次第に季節が初夏に向かえば、新緑の葉っぱは立派に育ちます。
そして、季節が移ろい秋になり冬に向かいはじめ寒風が吹き始めると、広葉樹の樹木は、錦秋の彩りをみせてくれます。
「老い」の輝きが艶やかにさえみえます。
ひとびとを、「もみじ狩り」に足しげく向かわせるのは、錦秋の彩りに秘められた多くの物語と出会うからではないでしょうか。
その背景には、春の桜にはない、「人生の趣」を感じるからのようにおもいます。
そして、落葉の季節を迎えます。
しかし、枯れ葉の後には、すでに新芽が準備されていることは、驚きです。
「老い」は、単独であるものではなく、「起承転結」のなかにあり、それは、「いのち」の連なりでありバトンタッチのときでもあります。
また、大地へ還ることは、「いのち」の源である樹木を肥やす滋養となるのですから、「老い」のはたす役割は「尊い」ものであるといえます。
「老い」もこのように考えてみると、「老い」をじぶんのものと独占していることが間違いであることになります。
じぶんの「老い」から、解放されて「つながり」のなかで考えてみてはいかがでしょう。
大きな「つながり」のなかに、「連綿とつづく」なかに「いのち」があります。そのなかに、おひとりおひとりの「老い」があるということです。
このように「老い」も、じぶんの手元から解放されてはじめて、「衰えること」から意味が転じて、大きな「いのち」として「よみがえる」という世界がみえてきます。
(『すべてが君の足あとだから-人生の道案内-』佐賀枝夏文 著より引用しました。)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/62428

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人