お庫裡から 2017年3月

テーマ:お庫裡から 【坊守】
syukoji_09090902.jpg

人権の研修会が名古屋で開かれ、豊田から参加した女性3人が昼食をとっていたとき、中の一人が「ネェ、世の中に平等って本当にあると思う?」と聞かれました。
私は「比較できるもので考えると平等はないですね」。
するともう1人が「いのちよ、いのちは平等よ」と。
それで私は「人はその課題において平等であり、その成果において個性的である」と前田俊彦の言葉を紹介したのですが、午後の講義の時間が迫っていたので、会話はそこで終わってしまいました。
その数日後、私は夕方から体調が崩れ動けなくなりました。
白湯も受け付けず、お腹も下って、5時間後、やっとベッドに移動できました。
ベッドに入ると、物を考え始めるのが私の悪い癖です。
そんな状態でベッドに入ったのに「課題とは何か」という問いが大きく私の頭の中を占領してしまったのです。
どれくらいの時間思索していたのかわかりませんが、ついに一つの答えにたどりつきました。
「課題は、二本の足で立てる大地が見つかること。」そうだった、そうだった。
自立するとまでは言うけれど、自立するにはその立脚地、大地が一番必要だった。
するとすぐに「大地が見つからなければ、何を付けても転んでしまう」という言葉が浮かびました。
わー、何て素晴らしい言葉に巡り会えたのだろうと、布団の中で小躍りする程の喜びに包まれました。
それでも時々気分が悪くなるので、「寝込むれば 老いがすり寄る すきま風」こんな気弱な俳句も浮かんできます。
また気分が治まると、先の言葉に続くように「大地が見つかれば、どんなご縁も杖となる」という言葉が浮かび、あっ完成したと思いました。
「課題は2本の足で立てる大地を見つけること。大地が見つからなければ何を付けても転んでしまう。
大地が見つかれば全てのご縁が杖となる。尚子」
嬉しくて、この言葉を何度も味わっているうちに、朝になっておりました。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/62430

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人