清風 2017年3月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg


あなたにとって、幸せとは何ですか。
呼吸のできることです。
水木しげる(漫画家「ゲゲゲの鬼太郎」作者 1922~2015)


幸せを求めて生きている、これが我々の生きる根っこにある普通の関心事ではないだろうか。
誰も、不幸であることを望んで生きているという人もなかろうから。
そして幸せとは、未来におかれている何らかの事態を、やがて手にすることができると考えていることだといえよう。
受験生なら合格する、というように。
少なくともその場合、呼吸のできる状況は「当たり前」のこととして見過ごされている。
水木さんは幸せを、未来に手にすることがらではなく、「呼吸のできることです」と言われている。
幸せを未来にではなく現に「今」ここに確かに手に入れていると言われる。
幸せとは、もちろんその前提として「呼吸ができること」が条件であると言えよう。
常識的には、それは「当たり前」のこととして問題としない。
水木さんは、その前提として当たり前と見過ごしていることがらを、それをこそ幸せそのものと言われるのである。
人生全て、呼吸ができて初めて経験できることと言える。
不幸ですらも呼吸ができていて可能と言える。
とすると、現在でもよく聞く「いのちは尊い」という意味は、この水木さんの言われることを踏まえなければ、よくわからないことと言えるようである。
「いのちは尊い」という言葉も、「ではなぜ、いのちは尊いのか」とあらためて聞かれると、「えっと?」と我々は、一歩、瞬間的に引くのではないだろうか。
気がついたら、私は生まれて、生きていたのである。
つまり私が今、幸せならばもちろん、不幸であっても、その前提として生きているからと言えなければならない(いのちを与えられていて全ては成立可能であるから)。
それは、つまり呼吸ができるということは、奇跡が今、私に実現していると言わねばならないような事態だったのである。
仏教のイロハは「人身 受け難し」である。
全ては与えられて始まったこと。
それが人生である、と。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/62432

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人