清風 2017年8月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg

私には 敵はいない。

劉 暁波(リュウ・シァオ・ポー)中国
2010年 ノーベル平和賞を受賞。
中国の民主化を訴えて投獄されたまま、今年6月に末期の肝臓ガンと判明。
刑務所外の病院で治療中、7月13日死去。61才。


劉さんは、1989年、北京の天安門広場で学生らが民主化を求める運動を始めるとデモに加わり、ハンガーストを指揮。劉さんが一貫してこだわったのは、非暴力の抵抗だった。
学生に向かって「恨みを捨てよう。恨みは私たちの心をむしばむ。私たちに敵はいない。理性的に対話しよう。」と訴え続けた。

劉さんの「敵はいない」。
この確信こそは、今、我が国の平和主義のシンボルと言える「憲法・第9条」の理念を巡っての議論の根幹を、一言でわかりやすく述べたものと言えよう。

劉さんの「私には敵はいない」という主張は、非暴力の立場である。
我が国の憲法では、その立場を憲法前文の第1段・第2段に、その平和主義を次のように述べている。
(以下の憲法前文の第1段の引用については、劉さんの主張「私には敵はいない」
に応答する部分に絞って引用していることを、申し添えておきます。)

<日本国憲法 前文>
日本国民は、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、

日本国民は、
① 恒久の平和を念願し、
② 人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、
③ 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
④ われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、
① いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないので
   あって、
② 政治道徳の法則は、普遍的なものであり、
③ この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうと
     する各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

この「崇高な理念と目的」とは、いうまでもなく平和のことであり、憲法第9条の2項目(第1項 日本は戦争をしない、第2項 戦力は持たない。交戦権も認めない)を指すといえる。

それ以外にも、前に挙げた前文の中の次の文に示されてある、

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去
しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

また、

いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないの
であって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、
自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

というように、我が国は憲法前文において決意したような国作りに向けて、外交の方針を転換できるチャンスがあった。
1989年、ベルリンの壁が崩壊し、冷戦が終結した時である。

今からでも遅くはない。それこそ10年くらいの計画で、我が国はこの憲法前文の平和主義を我が国の外交方針として外交を進めることとして、第二次大戦終結のための北朝鮮との平和条約締結を含め、中立宣言、そして先月号にも書いた沖縄基地閉鎖、そしてその上で沖縄・北方4島の一括変換交渉という、今までできなかった戦後の処理を行い、我々国民も未来を見据えて、憲法の内容に沿った、北東アジアに位置する平和国家の国民として新たに生まれ変わってゆきたいものである。

親鸞その人の「非僧非俗」の名告りこそは、劉さんの「私には敵はいない」という言葉と感応していると言えるのであろう。

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/63719

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人