清風 2017年9月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg

現代社会に生きる人間は、欲望する存在ということです。欲望する存在とは、他人に対して優越し見栄をはろうと欲望することです。
人間関係がすべて虚栄心から生まれる。そこに現代社会の実相があります。

「現代社会と人間の問題」(『南御堂』紙 2004年4月号11面)
今村仁司(1942~2007) 専門:社会哲学・思想史
著書『親鸞と学的精神』『清沢満之と哲学』(岩波書店)その他多数。


親鸞聖人が法然上人から聞かれた言葉に、人間には「勝他・名聞・利養」という煩悩があるのだと記されています(『口伝抄』)。
「勝他」とは、まさに「他人に対して優越しよう、見栄をはろう」とすることでしょう。
「名聞」とは「有名になりたい」ということ、そして「利養」とは有名になって「いい目に会いたい」ということだといわれています。
昨年の7月のことになりますが、相模原市の障害者施設で重度の障害者を狙い、19人が殺害された事件が起こりました。
その事件を起こしたのは、その施設で介護職をしていた元職員でした。
その後の取り調べで、この元職員は前もって決行について次のように記していたとされています。
「障害者は不幸を作ることしかできません。」「全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。」など、と。
この元職員が記している「全人類が心の隅に隠した想い」をもって今回の決行の決意とするという文面は、私たちもそのような想いを「隠した想い」として、それこそ一度胸に手を当てて考えてみなければ…と思った方もおられるのではないでしょうか。
「障害者は不幸を作ることしかできない」のであって、その存在は認められない、ということでしょう。
それは何故か?障害者は、社会の発展に間に合わない、厄介なものだというのでしょう。
現代社会ではG7 ―G7はGNP(国民総生産高)上位7位の略ですが― 先進7ヶ国と言われ、G7以外は発展途上国などと通称されるように、現代では総生産高がその国をはかるモノサシとなっています。
つまり、物の生産です。
どれだけ貨幣を稼ぐかというのが、すべてに先立つ評価の基準になっているということでしょう。
新聞報道によれば、愛知県は名古屋港近くにカジノ(賭博場)を作る計画を立てたと報道されています。
貨幣を稼ぐためなら賭博場も作ろう、というわけです。
早い話が、障害者は稼がない者、だから社会の厄介者という断定に立って、この事件は起こされたわけです。
そしてその加害者の主張は、「全人類・日本人ならすべての人が、表立っては言わないかも知れないが、心の隅に隠した想い」である、と。
その「隠した想い」とは、上に紹介した文章からいえば、「他人に対して優越しよう、見栄をはろう」とする、虚栄心のことでしょう。
この欲望は「虚栄」だから限界がない。
かなえば「もっと、もっと」と際限がない。
つまり私どもの日常の言葉にすれば「当たり前」。要するに、「虚栄」であるということは「飢餓的」であって際限がないということです。
「真の満足が得られない」ということでしょう。
「真の満足」がほしい、これが先進7ヶ国の住民の、偽りのない事実でしょう。
「障害者は不幸しか作れない」という人がどれだけ幸せであったか、はなはだ疑問だと思うのですが。

さてここで原点に返って、人間(私)について考えたいと思います。
人は、人間 ― 人の間と書きます。
人という字も「人」と「人」から出来ているように、支え合っているということを表現しています。
人間はその字を見てもわかるように、人と人の間に生きて初めて人と成れる生き物であるようです。
障害者に出会って、障害者から問いを受けた、それが人間であることの意味というわけです。
「障害者は人間としてではなく、動物として生活を過ごしております」と元職員(加害者)は述べています。
障害者から健常者(と言ったらいいのでしょうか?)は問われているのでしょう。
「障害者は生きる意味はないのですか?」「人にとって、生きるとはどういうことですか?」と。
いわゆる付加価値(学歴・健康・若さ、など)をつけていくこと、これが現代人の、学校で学ぶことから始まって生涯を過ごす、大きな関心事でしょう。
しかし、長寿ということが長年の人類の悲願であったと言えるかと思いますが、世界でも有数の長寿を達成した国、日本ではどうでしょうか。
「長生きはめでたい事なのか」という題で投書をされていたのは、83歳の男性でした。
投書の内容は、老齢になっての不安、認知症・介護の世話にならなければならなくなる、そして尊厳死・安楽死が可能となる法的環境を整えてほしいというものでした。

みんな誰でも生まれて生きる以上は老・病・死を避けて通るわけにはいきません。
結局、今問われているのは「なぜ命は尊いのか」ということでしょう。
付加価値という「ころも(衣)」を着けたいのちではなく、付加価値を付けていない、裸のいのち、それが尊いと言える根拠、病んでいても、老いていても、そのままで「命は尊い」と言える根拠は何ですか、と。(続く)

 

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/64023

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人