清風 2017年10月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg


本堂におまいりする時は、
胸の前で静かに手を合わせ
「なむあみだぶつ」と称えます。
「なむあみだぶつ」は、
私のいのちの名前、
私を私たらしめている全ての
ハタラキの名前(総称)です。
あなたにまで至り届いた
いのちの名前から、いのちの本当の
願いを聞き開き、生まれた意義と
生きる喜びを見出し、
あなたを生き切って下さい。


守綱寺本堂の正面外側、上部に掲げてある言葉です。
ここには「本堂におまいりする時は…」と書いてありますが、家のお内仏(仏壇)でおまいりする時も同様です。

<参照>
 蓮如上人500回御遠忌法要(1998年勤修)テーマ
バラバラでいっしょ
差異(ちがい)をみとめる世界の発見
帰ろう もとのいのちへ

宗祖親鸞聖人750回御遠忌(2011年勤修)テーマ
今、いのちがあなたを生きている

 

中央アジア シルクロードの旅
文明の十字路・ウズベキスタンに仏教伝来の道を訪ねて
(8月18日~8月26日まで)

ウズベキスタンはアフガニスタンの北に国境を接していて、8月で日差しはかなりきつかったのですが、湿気が少なく、日陰ならまぁなんとか過ごせるところでした。
現在の所、シルクロードの一番西の仏教遺跡の残る地域と言われています。
面積は日本よりやや広く、人口は日本が3倍ほどです。
中央アジアの砂漠地帯にあり、それでありながら、国の北部と南部に渇水期にも枯れない川があり、砂漠でも水の湧いているオアシスが点在し、牛やラクダなどのえさになる植物が点々と茂っており、砂漠でありながら放牧が出来る環境が整っている所でした。
砂漠の中に、人の住む所が点在していて、刺繍が民衆芸術として今も手織りでほとんどの町や村で行われているとの事でした。
いたる所にきれいな青色のモスクが存在し、宗教はイスラム教であり、スンニ派が優勢とのことでした。
さて、仏教の遺跡は、南部のアフガニスタンとの国境に近い砂漠地帯に点在し、今も発掘されており、軍の駐屯地域内にあり、兵士の付き添いで遺跡参拝も許可になり、遺跡内で正信偈のお勤め、そして感話もさせてもらってきました。
また、首都のタシケントには日本人墓地があり、そこでも正信偈のお勤めをしてきました。
ここに葬られている日本人は87名で、1945年日本の敗戦により、満州に派遣されていた兵士がソビエトに抑留されたのですが、その中から技術を持っている兵士(建築・道路の整備・農業など)は、ウズベキスタンに再度派遣されたのだということでした。
小生もそのような経緯は全く知らなかったので、ウズベキスタンに何故日本人の、それも墓地があるのかを報告させていただく次第です。
その墓は今も現地の人たちの奉仕できれいに整備されていて、その墓を整備された方の孫さんが清掃をされていると聞きました。
タシケントの中心部にナポイ劇場があるのですが、この建物はその兵士たちが現地の人を指揮して作ったのだそうで、建設後の地震の時にもかなりの建物が倒壊したなかにあって無事だったということで、大変人々から感謝されているという事を、現地の添乗員さんから聞かせてもらいました。
それに比べて、我が国は今でも近隣のアジアの国々からは、靖国・慰安婦・徴用工問題に代表されているように、ぎくしゃくした関係がなかなか解消できないでいます。
戦争で日本はこうしたアジアの国々で何をしてきたのか、またどうして、もう戦後70年経つのに、友好的関係が結べていないのか、改めてアジアにおける日本人の戦後の立ち位置がこれら周辺国に理解されない状況を考えさせられたことでした。
ともかく、70年間戦争してこなかった日本を未来へ受け継ごう、という気持ちを強く確かめたことでした。

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.machikurublog.jp/syukoji/trackback/64290

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人