1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

今月の掲示板 2017年10月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

  何ものにも
  頼らなくていいいのちを
  もう すでに、
  私は、いただいている。
  そのいのちを
  あなたは
  どう生きてくれますか。

  自分が自分に文句がある。
  これが、苦しみの元でしょう。
  自分が自分を頂けない。
  それは、現に在る
  ということが
  成り立たないからなのです。  児玉暁洋

  毎日、毎日が
  真っさらな一日。
  初体験の今日。

  南無阿弥陀仏を英語訳すると
  I take refugee(おまかせ)
  Amida Nyorai.

  私たちが生まれ
  生きている人生は
  人に出遇い
  ものに出遇うための
  人生だと思います。
  出遇うことで
  私が作られている。  松田章一

  お前さんの
  畢竟依(最後に到達する依り処)は
  何だ?

  煩悩というものは、
  人間をつかう。
  起こした人間をつかう。

  わが世寿を
  無量寿と仏ののたまうを
  死すとて人の悩む愚かさ  松下真一

  六字の名号(南無阿弥陀仏)は、
   南無せよ
   お前は違っておるぞ
   自分のまちごうた姿に
   目覚めよ
   わが間違い、罪の深いことに
   頭を下げよ
  との呼びかけ

  一息が仏の息と知らされて
  三世十方
  闇 晴れにけり  藤原正遠

  本当がわかってから後で
  間違いが知れるのではなしに、
  間違っていたと気づいた時に
  本当の世界が、私に受け取れる

今月の掲示板 2017年9月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

  若きにもよらず
  強きにもよらず
  思ひかけぬは
  死期なり  (徒然草 137段)

  人 みな
  生をたのしまざるは
  死をおそれざる故なり

  我が智を取り出でて人に争ふは
  角ある物の角を傾け
  牙ある物の牙を咬み出だす類なり (徒然草 167段)

  万の事
  外に向きて
  求むべからず
  ただ ここもと(手元)を正しくすべし(徒然草 181段)

  予(かね)てのあらまし
  皆 違ひ行くかと思ふに
  おのずから違わぬこともあれば
  いよいよ物は定め難し
  不定と心得ぬるのみ
  実(まこと)にて違わず (徒然草 189段)
  
  ゆく河の流れは絶えずして
  しかも もとの水にあらず
  よどみに浮かぶうたかたは
  かつ消え かつ結びて
  久しくとどまりたる例(ためし)なし
  世の中にある人と栖(すみか)と
  また かくのごとし (方丈記)

  心の師とは成るも
  心を師とする事なかれ (往生要集より)

今月の掲示板 2017年8月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

今月のことばは、ビッグイシュー(2011年1月1日号)成熟カルタより。

  地球にマグマがあるように
  人にも魂というマグマがある。
  (「子どもへの恋文」灰谷健次郎)

  今、僕のいる場所が望んだものと違っても
  悪くないさ
  きっと、答えはひとつじゃない
  (「Any」の歌詞から Mr.Children)

  「負けたことがある」というのが
  いつか大きな財産になる
  (「スラムダンク」井上雄彦)

  問題は、
  何になるかというよりも
  どんな大人になるか
  であるのだ。
  (「絵本屋の日曜日」落合恵子)

  幸せになるのは簡単よ
  ウソじゃないわ
  今あるものを愛するの
  手の中にあるものを
  ないものねだりはやめて
  豊かな心で生きて
  幸せになって
  (映画「母の眠り」から)

  今、あるもので充分と知る人だけが
  今、生きることの豊かさを知るんだよ。
  自己否定をしろとか欲するなとか
  言うんじゃないんだ。
  いいかい。
  ただ、どこで止まるかを知ること、
  それだけさ。
  (「タオ、老子」加島祥造)

  禁句にしている三つの言葉がある。
  忙しい
  がんばる
  若い
  (「言葉の力」坪内稔典)

  深い悩みによって
  私の魂は
  人間性を与えられたのである
  (ウィリアム・ワーズワース イギリスの詩人)

今月の掲示板 2017年7月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

 今月のことばは、清沢満之「絶対他力の大道」(林暁宇師意訳)からいただきました。

  「自分」とは、いったい何でしょうか。
  私共のはかり知ることの出来ない
  不可思議な力にはからわれて
  今、こうして生かされているもの、
  これがすなわち「自分」であります。

  この世に生まれてきたのも
  やがて死んでゆくのも
  1つとして、
  自分の思いによるものではありません。

  この世の一切の出来事は
  すべてこれ不可思議な絶対他力の
  ハタラキによるものであります。

  私共は、身も心も
  全く他力の掌中におさめとられている
  身であります。

  現在只今、
  自分の胸に起きては消える
  ひと思いの心さえ
  少しも
  自分の自由にならぬではありませんか。

  「無限他力」は一体、
  どこにあるのでしょう。
  この自分に、
  いま与えられているものの中にあります。

  何をそんなに欲しがるのですか。
  何をそんなに要求するのですか。
  あなたは一体
  何の不足があるのですか。

  満足を外に求めるのは
  貪欲の因であり
  しあわせを得ようと人に頼るのは
  腹立ちの因であります。

  如来は、
  あなたが生きる為に必要な一切のものを
  すでにお与え下さっているではありませんか。
  この与えられているものを忘れて
  どこにあなたの満足を得る道があるのでしょう。

 

今月の掲示板 2017年6月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

  日本国憲法 第9条
<第1項>
  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
  国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

<第2項>
  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。

   憲法第9条は、仏さまの願いです。


  大事なことってシンプルで
  毎朝目覚めて感謝することじゃない
  今日も自分は目覚めた
  自分は生きているってね(歌手 マドンナ)

  
  恵まれた生活に戻ると沢山の物を手にしているのに
  誰もが不満をもらし元気をなくしている
  私たち自身が腐りきっている(歌手 マドンナ)


  壊れた原子炉よりも手に負えないのは
  きっと
  当たり前という気持ちに汚染された僕らの心


  福島第1原発事故から6年たって
  事故の責任を誰もとらないのは
  誰が見ても異常だ


  国際的に危険とされている場所を「安全」と言い続け
  「復興」や「オリンピック」のスケジュールを優先して
  子どもたちや妊婦の健康配慮は無視する
  この現実は、さらに異常だ (広河隆一 フォトジャーナリスト)


  原発の象徴的意味
  人間の終わりが象徴されている
  人間を滅ぼすようなものを
  人間が発明していると(安田理深)

 

今月の掲示板 2017年5月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

  人間は生きものであり
  自然の一部です

  生きものは時間を紡ぐもの
  機械は便利さを求め、時間を切ります
  時間は生きる基本です

  機械でなく
  生きもの(生命あるもの)が持つ
  特性に目を向け
  そこに価値をおくことです

  人間も含めて地球上の生きものは
  すべて祖先をひとつにする仲間なのであり
  みんなで一緒に生きるようにできている

  この世の中にあるものは
  あるということ
  それだけでもうよいのです
  「あるということ」をそのまま受けとめ
  時には「あること」をふしぎがったりする
  それが生きていること

  こんなにありとあらゆるものが
  ありとあらゆるところで
  ありとあらゆることをしながら
  その全体がこんなに美しいバランスを持った
  宇宙に作られているのは
  なんとすばらしいことだと
  思わずにはいられません

   カニ  まどみちお
  カニが カニっとしているのは 嬉しい
  カニが それを気づいてないらしいので
  なおさら しみじみと・・・・・
  ああ こんな私も 私っとしていることで
  だれかを喜ばせているのかもしれない
  私が まるで気づかないでいるとき
  いっそう しみじみと・・・・・
  そう思うことも できるんかなぁ
  と、私は胸をあつくさせた

  何か困った事が起きたら
  何故私はそのことに困るのか
  私は一体何を大事なこととしているのか
  この大事にしていることは
  本当に大事にするに足ることなのか、と
  自分で自分に問うてみる
  それを内観という

今月の掲示板 2017年4月

テーマ:今月の掲示板

syukoji_09090903.jpg

  何ものにも頼らなくてもいいいのちを
  もうすでに
  私は頂いている
  そのいのちを
  あなたはどう生きてくれますか

  自分の思いを強く持っているから
  救いとは
  自分の思い通りになることだと
  疑いもせず信じている

  いのちが尊いとどこで言っていますか
  健康で長生きがその中味ですか
  比べるものではかっていませんか

  煩悩というものは
  人間をつかう
  起こした人間をつかう

  本当がわかってから
  後で間違いが知れるのではなしに
  間違っていたと気づいた時に
  本当の世界が私に受け取れる

  人間の基礎知力は
  悩むということです

  死んでいける言葉を持っている人は
  生きていける

  六字の名号(南無阿弥陀仏)は
  仏さまが我々に呼びかけられている言葉
  南無せよ
  おまえ、間違っておるぞ
  自分のまちごうた姿に目覚めよ

1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

アーカイブ

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人