1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

清風 2017年3月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg


あなたにとって、幸せとは何ですか。
呼吸のできることです。
水木しげる(漫画家「ゲゲゲの鬼太郎」作者 1922~2015)


幸せを求めて生きている、これが我々の生きる根っこにある普通の関心事ではないだろうか。
誰も、不幸であることを望んで生きているという人もなかろうから。
そして幸せとは、未来におかれている何らかの事態を、やがて手にすることができると考えていることだといえよう。
受験生なら合格する、というように。
少なくともその場合、呼吸のできる状況は「当たり前」のこととして見過ごされている。
水木さんは幸せを、未来に手にすることがらではなく、「呼吸のできることです」と言われている。
幸せを未来にではなく現に「今」ここに確かに手に入れていると言われる。
幸せとは、もちろんその前提として「呼吸ができること」が条件であると言えよう。
常識的には、それは「当たり前」のこととして問題としない。
水木さんは、その前提として当たり前と見過ごしていることがらを、それをこそ幸せそのものと言われるのである。
人生全て、呼吸ができて初めて経験できることと言える。
不幸ですらも呼吸ができていて可能と言える。
とすると、現在でもよく聞く「いのちは尊い」という意味は、この水木さんの言われることを踏まえなければ、よくわからないことと言えるようである。
「いのちは尊い」という言葉も、「ではなぜ、いのちは尊いのか」とあらためて聞かれると、「えっと?」と我々は、一歩、瞬間的に引くのではないだろうか。
気がついたら、私は生まれて、生きていたのである。
つまり私が今、幸せならばもちろん、不幸であっても、その前提として生きているからと言えなければならない(いのちを与えられていて全ては成立可能であるから)。
それは、つまり呼吸ができるということは、奇跡が今、私に実現していると言わねばならないような事態だったのである。
仏教のイロハは「人身 受け難し」である。
全ては与えられて始まったこと。
それが人生である、と。

清風 2017年2月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg

近代文明ほど、人間に対して敵 対的な文明は歴史上存在したことがない。
それは、スリリングな文明であり、人を憩わせることがない。
これが史上初めてのヒューマニズムを標榜する文明であったことは、それ自体スリリングな逆説である。

『荒野に立つ虹』渡辺京二著(P139 葦書房 1999年10月初版第1刷)
(現在は『新編 荒野に立つ虹』として弦書房より刊行(2016年11月)されています)
著者…1930年生まれ、思想家。
著書『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞受賞、平凡社ライブラリー)『黒船前夜』(大佛次郎賞受賞、洋泉社)など。


刑法で禁じられているはずの賭博を合法化する議員立法(カ ジノ法・IR法)が、多くの欠陥が指摘される中、衆議院の委員会の6時間にも満たない審議で与党の多数で強行採決され(参議院の内閣委員会では16時間の審議)、賭博を禁じた刑法のもとで民営賭博を認めるという、法秩序の大転換に向けた決定がされた。
今後、こうした問題を含むカ ジノ法は、安倍首相を本部長とする「整備推進本部」のもと、有識者による整備推進会議やカジノ管理委員会の設置が予定されている。
カジノ法による賭博場は、1日24時間、365日休みなし、賭け金額の上限がない。
カジノの公益性とは何であろうか。
詳しいことは、カジノ法の下に設置される諸会議で慎重に(?)審議されていくことを期待したい。
要するにこの法は、施設が稼働すれば経済的効果が大きく公益性を満たすという論法が繰り返された。
経済効果があれば、賭博依存症というような人を生む可能性が多分に予想される「人間に対して敵対的な施設」が、政府の音頭取りで合法化されていく。
まさに近・現代の文明の一つの象徴と言えようか。
ヒューマニズムとは人間尊重という主義ではなかったのか。
人間を非 人間化する施設が経済効果の大義を付けて合理化されていく。
人間のための経済が、経済(利潤)のために人間が資源として使われる事態が、堂々とまかり通ることとなった。

清風 2016年12月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg

当たり前にある日常のありがたさを胸に 僕たちはグラウンドに立ちます
2016年、春の甲子園・選抜高校野球 選手宣誓

 

今年も1年が暮れようとしています。
今年の出来事の中で感銘を受けたのは、この高校生の宣誓の内容でした。「
当たり前にある日常のありがたさ」、この言葉を聞いてどう感じられるでしょう?皆さんもこの一言に「人間は捨てたものではないな」と思われたのではありませんか。
豊かさと言えばいいのか、深さと言えばいいのか、とにかく人間が成熟していくとすれば、進歩とか経済成長とかいろいろ言われている中で、「それは何のためか?」の一言がなければ、それらは全て空虚なる内容のない言葉でしかないということになるでしょう。
進歩と言い、経済成長と言い、いわゆる「経世済民」と言われるように、世と民を潤していかなければ、逆に民が経済成長の僕(しもべ)となり、つまり経済成長のためにのみ国民が位置づけられていく、全く逆転した様相になっていくのでしょう。
何のための経済成長か ― 人間が経済成長を目的として生きるとすれば、いったいどれだけ豊かになれば、もう経済の成長は十分だと言えるのでしょう。

経済成長のために一流企業の社員が過労死を強いられているというニュースを聞くと、暗澹たる思いにならざるを得ません。
いただいたいのちは、私(人間)に何を望んでいるのしょうか。

「当たり前にある日常」こそが「有ること難い」ことだと、来年はあらためてこの言葉の持つ意味を味わいながら歩みを進めていきたいと思います。

今月の掲示板 2016年12月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090903.jpg

  己こそ 己のよるべ
  己をおきて 誰によるべき
  よく調えられし 己にこそ
  まこと得がたきよるべをぞ得ん (法句経より)

  真の救いは
  自分が自分で独り立ちして
  他の支柱を要しないこと

  自分に頼れば
  大悲は姿を見せない
  否、あっても見えない

  ころころ変わる自分の心なのに
  その心を私たちは
  神よりも仏よりも確かなものと信頼している

  自己が否定されて
  初めて本当の自分に目覚める

  偽になったら もうええだ
  なかなか偽になれんでのう (源左)

  阿弥陀が なぜ我が名を呼ぶことをもって
  (念仏を称えること)
  救済としたのか
  そのいわれを聞き抜くことが
  信心獲得のための第一歩だ

  他力の信心は善悪の凡夫
  ともに仏の方よりたまわりたる信心なれば
  源空が信心も善信房の信心も
  更にかわるべからず
  ただ ひとつなり
  わがかしこくて信ずるにあらず (歎異抄)

清風 2016年11月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg

いにしへは こころのままに したがいぬ 今はこころよ 我に したがへ
                        一遍上人(1239~1289)

ここに言われている「我」とは、いったい誰を指すのだろうか?というのは、この歌は「以前は、私の心に浮かんできた意識のままに、私はしたがってきた。
しかし今は、心(意識)よ我に従え」というのであろう。
それなら、前半の私と後半の「我」とはいったいどう違うのだろうか。
違うとしたら、後半の「我」とは何(誰)をさすのだろうか。
この歌を考察するには、作者が一遍上人であることを、まず考えるべきであろう。
仏教、とりわけ浄土教の系譜に繋がる人である。
そうだとすれば、仏教ではよく知られているように「一切衆生悉有仏性(いのちあるものは、ことごとく仏となる種(因)を有している)」と言われることが思い起こされる。
結論を先に言うならば、後半の「我」はこの仏性を指している。
ここでの仏性とは仏のハタラキを指している。
つまり、この歌を詠まれた時の一遍上人とかつての一遍上人とでは、自分を見る視点がまったく変わっていることに気付く。
この歌を詠まれた時の一遍上人にとって、仏性とは抽象的なことではなく、念仏すなわち南無阿弥陀仏こそが「我=真実主体」であったと気付かれたことである。
念仏は、如来の本願(仏性)によって誓われた、仏性(真実)そのものである。
「気ままなこころ」は拠り所とはならない。
この歌は、私が拠り所としてきた「我が心の判断」が仮のことであると念仏(真実)から教えられた、仏者・一遍上人の誕生を物語るものであるといえる。
「ものが縛るのではありません。ものをとらえる心に縛られるのです。」(法語カレンダー2015年6月)と気付かせたハタラキ、それが念仏(真実・仏性)である。
先人は、人は生きる限り「悩む」もの、それは人間(私)の基礎知力であると受け入れてきた。
たとえば「おかげさま」と。

清風 2016年10月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg

先生、そりゃ見えたらいっぺんお母ちゃんの顔が見たいわ。
でも見えたら、あれも見たいこれも見たいいうことになって、気が散ってあかんようになるかもわからん。
見えんかて別にどういうこともあらへん。先生、不自由と不幸は違うんやね。


旅先で、私の県の県立盲学校の6年生の全盲の子どものことばを聞かせていただきほんとうにびっくりしました。
この子は、全く見えない世界、光のない世界を生きているのです。
でも、何という明るさでしょうか。闇の世界にありながら、闇が闇のはたらきを失ってしまっています。
光の世界を生きさせて貰っている私なんかよりも、もっと明るい光の世界を生きさせて貰っています。
私は「拯済(じょうさい)」(註)というお救いはこれだなと思いました。
「拯」は「引き上げ救う」、「済」は「渡す」です。
私を生きさせていただく煩悩の闇がどれほど深かろうと、その深さが脅威にはならない人生、それがお念仏の人生だと、この子は教えてくれた気がしました。
『よびごえ』東井義雄著(探求社刊)より
 註)拯済 … 「正信偈」の最後に「拯済無辺極濁悪」とある。
○東井義雄(1912~1991)
現場の教育実践における優れた業績により「ペスタロッチ賞
(広島大学)」はじめ各賞を受賞。本願寺(西)派の寺の住職。

 


私はこの盲学校の生徒さんの文章を読むたびに、「仏教の救い」とはこの子が「先生、不自由と不幸は違うんやね」というこの一句に具体的に明示されていると教えられてきました。目が見えない<事実>を不自由と<判断>し、それは不幸なことだと<評価>する ― そして私どもは、その自分が下した不幸だという<評価>に、実は自分自身が縛られているのです。
あらためてもう一度、その一句と、その一句が持つ意味を確かめておきましょう。「先生、不自由と不幸は違うんやね」と言える主体(自己)の誕生こそを、他ならぬ自分自身が待望しているのです。

 

清風 2016年9月

テーマ:清風 【住職】

syukoji_09090901.jpg

実るほど こうべをたれる 稲穂かな


お盆が過ぎて、大変な暑さが続いています。
大容量の雨を伴った台風も近づき、9号が去ったら今度はもう10号の台風とか。甚大な被害の状況が伝えられてきています。
見事に黄金色に実った穂が、絵に描いたようにこうべを垂れています。
昨年収穫直前に、当地では雨台風で農作物の被害を相当受けたのですが、今年はそうならないように祈るばかりです。

さてみなさんは、冒頭に挙げたこの句からどんなことを想像されるでしょうか。
私がいつも言うていることになりますが、あらためて「あたりまえ」で済ませている日常のあり方について、私は「未熟な自分だなぁ」ということです。
この8月、10日間ほど3ヵ月の孫が来てくれました。
お腹がふくれれば笑う、おしめが濡れればぐずる、眠たければ泣く。
非常にわかりやすい日常の生活なのに、笑った、ぐずった、泣いたと、赤児の一挙一動に注目が集まります。
表と裏の無い、まだ言葉を介さない赤ちゃん。
こうべを垂れる必要もない赤ん坊です。
しかしこれが言葉を話すようになると、冒頭に掲げた俳句にあるように、「ありがとう」と「頭を下げる」という表現をもって、人としての成熟度が表現されるのでしょう。
つまり、「未熟な者」という自己認識が「成熟した(している)」という外からの評価につながるというのです。
「実った」事実が「こうべを垂れる」と表現されてきた。これは、私どもが日ごろ「当たり前」としてやり過ごしている鈍感さに気づいた先輩からの現代への警鐘なのだと思います。
すでに、次の如く詠まれてもいることでした。

いかばかり お手間をかけし 菊の花
(菊の花に寄せて、ここまでになるには私は沢山の方々から様々な配慮をいただいてきたのに、それに気付けないでいる私でした、と。)

 

1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

守綱寺

守綱寺

守綱寺は、「槍の半蔵」として有名な
渡辺半蔵守綱の菩提寺として1644年に建立されました。
浄土真宗(親鸞聖人)の教えを伝えるお寺で、
「南無阿弥陀仏」を唱えます。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:2人