1  |  2    次>    

好奇心

テーマ:ブログ

今日は曇り空の一日だった。

洗濯物の乾き具合がイマイチで、

夜は一晩家の中に干しておく。

 

家にいると寒いけど、畑で作業するには

暑くも寒くもなく、『畑日和』にふさわしい。

 

玉ネギ、順調。

ta

 

 

こちらは一週間ほど前にイチゴの苗を植えつけました。

iti

 

 

 今日は苗を採った親木を取って片付けようと

思ったら・・・、

ナント、

mi

 

 実が付いているではありませんか!

 

これを見た私は、

itigo

 周りを綺麗に片づけて、この親苗を生かす

ことを考えました。肥料も入れました。

(ところどころ小苗が植わっていますが。)

寒くなるので、黒マルチで保温して、

花の咲いているところだけビニールで

覆ってみようと思います。

多分ロクな風には育たないような気がしますが

あの可愛い花と、実を見てしまったものだから

捨てるには可哀想というか、惜しくって、

ちょい、遊んでみようと、

私の『好奇心』がそうさせました。

 

明日はテニスなので、次回畑に行ったら

黒マルチと、小トンネルをやってみようと

思います。

はてさて? 結果は・・・・・、

ず~っと先になりますね。

 

 

 

 

みかん、キンカン

テーマ:ブログ

今日は時々は陽がさすものの、

肌寒い曇り空でした。

風が無いので庭仕事、畑仕事には

丁度良かった。

家の中に一日中いるよりも、外に出た方が

良いと思って遅くまで畑にいたら、疲れて

腰が痛くなってしまった。

今日は一人で畑に行ったが、

明日は夫と一緒に・・・、  畑に行く予定。

 

 

朝、庭の向こうにジョウビタキくんがいた。

jh

相変わらず可愛い動き方をする。

飛び立ったので後を追うように庭に出たら

いつもの百舌鳥さんがいた。

m

 

 

mo

 

 

moz

 

 いずれも可愛い横顔を見せてくれた。

特に、百舌鳥さんは長くとまっているので

写し易い。

 

 

 

ところで、

今年は庭のミカンがあまり生っていない。

せいぜい、これと、     ダウン

もうちょこっと生っているだけ。

mi
これではメジロさんを呼び込むことができない
といっても、来るのはヒヨちゃんばっかりだけど。

 

 

みかんの横にはキンカンが植えてあるが、

いつも生らないキンカンが今年はどういうわけか

沢山実を付けている。

ki

 

 

k

 

 ちっとも生らないキンカンの木など

あってもしょうがないから、切ろうと

思っていた矢先だった。

 

こんなに生るんだったら切るのはやめよう。

 

さてはキンカンくん、

私が『切る』って言ったのを聞いていたな耳

 

 

 

 

 

 

ちりめん手芸2

テーマ:ブログ

今日は小雨の降る肌寒い一日だった。

 

昨夜、

書き終えたブログをアップしたら、

最初の三分の一を残して削除されていた。

季節外れに咲くもう一つの花の名前が、

アップできない語句だったようで、

一瞬、何が起こったかとびっくりした。

どこがいけないのか確かめながら書き直して

徐々にアップしたので、『あれっ?』っと

思った人がいたかもしれない。

 

 

さて、

ここんとこ手掛けているちりめん手芸、

お正月飾りの椿の花。

昨日はここまで出来ていて、

tu

 

 

今日はここまで出来た。

t

 

 

花の形が出来ると完成したような気になって嬉しい。

でも、喜ぶのにはちょっと早い。

花の裏はこんな感じ。

ga
愕がまだ出来ていない。

 

この愕を作るのに一苦労する。

でも、これで先が見えてきたので

もうちょっと楽しむとしよう。

 

 

 

最後は

家の庭から見たモズさん。

mo

 

 

毎日、何度も何度もこの電線に止まっている。

曇った空で写りが悪いが、親しみの持てる

横顔だった。

mon

 

 

 

 

 

 

時季外れ

テーマ:ブログ

今日は曇って肌寒い一日でした。

そろそろ暖房を入れないと耐えられない。

気力ではまだまだ大丈夫と思っているけど、

体は正直でともすると、風邪をひいてしまう。

と言う事で、

今シーズン初めてのストーブを焚いた。

 

 

 

朝から曇っていつ雨が降るかも知れないような

お天気だったので、午前中に畑に行った。

雨が降る前に『秋じゃが』を掘った。

jya

 

 小さくて細かいのは別の籠に入れてある。

小さいのは『茹でじゃが』で戴こう。

 

 

八朔みかんが良い色になってきた。

mi

 

 

これはお隣の畑で生っている『冬瓜』。 

いつ見ても面白い。 

to
時季外れの『冬瓜』がぶら下がっている。
ここは以前はカボチャがぶら下がっていた。
地で這っているのではなく『棚仕立て』が面白い。

 

時季外れと言えば、

我が家の庭で『クレマチス』が咲いた。

kure

  

昨日までの暖かさで、

季節外れに咲いたクレマチスを

また見ることができた。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

なんで 

 

 

 

 

ちりめん手芸

テーマ:ブログ

今日は比較的暖かく、テニスをしたら汗をかきました。

 

毎週土曜18時からBSプレミアムで

やっている放送『大地の子』を見ました。

以前NHKでやっていた時も見ましたが、

見逃した放送もあるので、

今回は録画したりして、全部見ています。

ご存じのとおり、山崎豊子さんの小説を

ドラマ化したものですが、

『泣けました!』エーン(女の子)

次回は、中国残留孤児が戦後三十何年経って、

親子として対面するところです。

きっとまた、胸がいっぱいになり、涙が・・・。

 

 

 

さて、

ここんとこまた『ちりめん布』を

出してきて、作り始めました。

花弁と葉っぱです。

a

 

 

中表にして縫ってからひっくり返しました。

葉っぱは葉脈をミシンで縫いました。

s

 

 

花芯を作ります。

h

 

 

何を作っているか、もうお分かりですね。

お正月でも飾れるものを作ってみようと思います。

こんな感じとイメージしていますが、

自分でもどんなふうになるかわかっていません。

徐々にアップしてゆきます。

 

 

 

 

蕎麦打ち

テーマ:ブログ

今日『蕎麦打ち名人』がお蕎麦を食べさせてくれる

と言うので出かけて行きました。

 

皆さん、ネギを切ったり、海苔を刻んだり、

長芋をすったり、お漬物を切ったりと、

手際よく用意してます。

 

そこで、名人が登場して、

そば粉を計量したり、水の分量を量ったり、

kei

 

 

 そば粉は、⒉8蕎麦です。

手早くこねていきます。

お蕎麦の良い香りがしてきます。

ko

 

 

しばらくすると、お餅のように丸くなりました。

 

 

 さあ、伸ばしていきます

no

 

 

 

n

 

 

 

丸からあっという間に四角になって。

si

 

 

 

板一面に伸びました。

ka

 

 

 

緬を切る手さばきもお見事でした。

ki

 

 

 たっぷりのお湯で茹でて、

yu

 

 

 お皿に盛り分けました。

s

 

 

 

 

 私はひたすら見ているだけでしたが、

さあ、戴きま~す!

soba
打ち立て、茹でたての蕎麦
香りが良くて、こしがあって
美味しいこと美味しいこと。ラブラブ(女の子)

 

 

 

 

さらに、目

ka

 

 果物、お菓子などを別腹に入れて、

 

何という贅沢なお昼だったことでしょう。ニコニコ(女の子) 

 

 

『もう食べれまへん』というくらい

食べましたが、不思議ですね。。。。。

 

 

晩御飯は晩御飯で、

ちゃんと食べました~!

 

 

 

 

 

便利な道案内

テーマ:ブログ
お昼前に行った畑、イチゴの苗を植えたり、

遅くに蒔いた野菜の間引きを行っていましたが

3時過ぎに雨が降って来たのでやめました。

 

今年5月ですが、

私にはちょっと贅沢だなとは思いましたが

仕事を辞める退職祝いに購入した『ipad』、

使わなければもったいないので

便利に使っています。

先日、祖父江に行った時や、中国地方に

旅行に行った時、片時も離せませんでした。

車は夫が全部運転してくれますが、

私は隣で居眠りしているわけではありません。

ひたすら『ナビ』の役目ですが、カーナビでは

十分でない瞬時の道案内もこのipadで

バッチリこなしました。

ipadはGPS機能がついているので地図検索も

自分の位置が瞬時に分かり

知らない土地を散策していても、

迷うことはなく、近道検索も出来るし、

駐車場やお店検索などとても便利でした。

スマホに比べて重いですが、画面が

大きいのは見やすいです。

自分はまだまだ使いこなせませんが

大変役に立っています。

 

 

さて、

昨日アップした犬山の『有楽苑』ですが、

紅葉も綺麗だったのでアップしてみようと

思います。

 

右側へ行きます。

hutamata

 

 

元庵中門

mo

 

 

含翠門

m

 

 

tuki

 

 

奥に見えるのが『如庵』です。

jy

 

 

 

n

 

 

 

竹林、

take

 

 

ta

 

 

 

ここから犬山城がみえました。

a

 

天守の屋根だけでした。

ya

 

 

 出札所、売店

mon

 

 

 紅葉が始まっていて彩り豊かな苑内は

お庭拝見良し、国宝良し、お茶室で

戴くお抹茶&お菓子は格別美味しかったです。

 

 

 

 

もう一つの国宝

テーマ:ブログ

今日は風も無く、比較的暖かで

テニスをしたら汗をかきました。

 

 

先日のことですが・・・、

11月13日に祖父江の銀杏を

見に行った帰り道、犬山に寄りました。

 

犬山と言えば、『国宝犬山城』ですが、

今回は、

もう一つの国宝、

  茶室『如庵』

を見るために、『有楽苑』(うらくえん)に行きました。

 

有楽苑はは犬山城近くの名鉄犬山ホテルの一角

にありました。(駐車場有り)

 

ur

 

この有楽苑に国宝茶室『如庵』がありました。

『如庵』(じょあん)は織田信長の実弟の

「有楽斎」が京都建仁寺に建てましたが、

時を経て、巡り巡ってこの犬山の有楽苑に

静かなたたずまいを見せています。

 

 

国宝茶室『如庵』

jyo

 

 

y

 内部見学は月一回の特別見学会に予約申し込み

をしなければ見られません。

この日は団体特別見学の方がみえていました。

 

 

 

こちらは『旧正伝院』、

有楽斎の隠居所として如庵に連なっていました。

syo

 

s

 

 

 

 

 『元庵』(げんあん)、

 

ge
有楽斎が大阪・天満に構えた茶室で
古図にもとづいて復元された
gen

 

 

 

 

『弘庵』、

kou
苑内で催される茶会の為に新築された茶席

 

kouan
私たちもこちらでお抹茶をいただきました。

 

 

有楽苑にある国宝茶室『如庵』

若かりし頃、華道茶道に興味を持ち

茶室『如庵』の存在は知っていましたが

やっと、目に留めることが出来ました。

有楽苑は四季折々の良さがあるそうです。

いつかまた、季節を替えて、

国宝『犬山城』とともに、『二つの国宝巡り』

をしてもいいかな~と思いました。

 

 

 

 

 

 

銀杏

テーマ:ブログ

今日は午後から晴れると思っていたら、

一日中曇っていました。

 

今日は、稲沢へ行ってきました。

わが夫、毎年のように祖父江のイチョウを

見たいと言っていましたが、

なかなか行く機会がありませんでした。

『黄葉まつり』は来週21日からですが、

都合で今日、『次回の為の下見』と

言う事で、出かけて行きました。

ma

 

 

黄葉まつりの会場にもなると言う『祐専寺』。

yu

 

 

こちらに車を止めさせてもらって、

まずはお参りを済ませた。

sa

 

 

 ご覧のように黄葉というにはまだ早かった。

せっかく来たので、散策に。

 

 

祐専寺の近くにある尾西線『山崎駅』。

e

『黄葉まつり』には皆さん電車で来るらしい。

でも、お祭り時はどこかからシャトルバスも

出ているらしい。

 

 

どこの家にも銀杏の木があると

思えるくらいイチョウが多かった。

このイチョウが黄金色に染まれば

さぞ見事なことだろう。

 

 

たまたま目にとまった、『柿』

ka

程良く熟れていたが、鳥の餌になっていた。

 

 

曇り空で映えないけれど、皇帝ダリヤ

da

 

 

 

 『一粒の黄金の実』

gi

 

 

一粒しか生らないと思ったら、大間違い。

 

こちら、 ギンナンの生る木

ginnna

 

上の写真ではよくわからないですね。

では、

 

gin
『ぎっしり!』

 

 

奥様の許可を得て写させてもらった。

o
ギンナンを落としている婦人

 

 

 

 敷いてあるネットやシートに落ちた実。

mi

 

 

 集められた実。

h
この実を機械にかけて洗うらしい。

 

 

 

私が写真を撮っていたら、

一緒に歩いていた夫がどこかへ消えてしまった。

いつまで経っても出てこない・・・。

しばらくして、戻って探しに行ったら

銀杏農家に立ち寄っておしゃべりしていた。

ka
この時・・・、
左の4袋は夫が買ったギンナン(一袋500g)
右の大袋はサービス品(?g)
『ずっしり!』重かった。

 

 『黄葉』にはまだ早すぎた祖父江のイチョウ。

今回はイチョウの実のギンナンで満足した。

家に帰ってから勿論、

戴きましたよ・・・。

もちもちで美味しかったです~!

次回は黄金色に染まった祖父江に

行ってみたい。

jy

 

 

 

この後、犬山へ行きました。

長くなってしまったので、

続きは次回と言う事で。

 

 

寄せ植え

テーマ:ブログ

暑いくらいのお天気でした。

畑に、昔、母が慈しんで育てていた

菊の花が咲きました。

今日は菊を持って母のお墓参りをしてきました。

お墓参りをした後はすっきりとした

晴れやかな気持ちになれます。

 

 

さて、

今年もパンジーを植える時期が来ました。

ちょっと前に咲いていた鉢植えは、ダウン

a

 

 ちょっともったいないとは思いましたが、

アーチのヘデラを残して、

みんな取ってしまいました。

 

植木鉢のコケを洗って、

さあ、冬バージョンです。

a-
ビオラの花が少ない分、
華やかさに欠けますが、
ビオラが咲けば、花が引き立つでしょう。

 

 

 

 お次は、

エリカをバックにして、

erika
ぎっしりこんです!

 

 

もう一つ並べて、

dabu

 

 今日は3鉢の寄せ植えを作りました。

この冬中、咲き続けてくれると思うと、

ナント、ありがたいお花でしょう!

 

今日のオマケの一枚。

ka

 

余りにも美味しそうな渋柿を売っていたので

つい買ってしまいました。

でも、この暖かさです。

柿が腐ってしまいそうです。

扇風機で乾かしていますが、はてさて・・・。

 

 

 

 

 

1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

ブログランキング

総合ランキング
9位 / 492人中 down
ジャンルランキング
3位 / 40人中 down
趣味

カレンダー

<<      2015/11      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

kaze

巷のそよ風

山が好き!
海が好き!
空も。

自然と生き物と、そして、
私の生活を綴ってみたいと思います。

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧